ピクシブ百科事典

ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ

げれんぼらっしゅどろかざき

サンライズのSFロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ』のOVAシリーズの一つ、「ペールゼン・ファイルズ」に登場するキャラクター
目次[非表示]

装甲騎兵ボトムズOVAシリーズの一つ、ペールゼン・ファイルズに登場するキャラクター。


概要

人物像

『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』にてキリコが所属していた「バーコフ分隊」の隊員。


----本事項にはネタバレが含まれます----






















まだ年若い新兵でありながら、ATの操縦には天性の才能を有し、ベテランぞろいのバーコフ分隊においても全く引けを取らない腕を見せる。情緒不安定な面があり、特にキリコに対しては初対面の時から何故か「彼を殺さなければ自分が殺される」という強迫概念を抱いており、ガレアデM7基地の病室及びマニド峡谷空挺作戦中において突如彼を殺そうと襲いかかっている。

ただし本質的には自分勝手な人間が多いバーコフ分隊では珍しく仲間意識の強い性格であり、キリコがPR液を浴びて火だるまになった際、彼を殺そうとしていたはずなのに真っ先に中和剤を撒いて消火したり、ゴダンとキリコが浄化委員会に襲われた際、途中で行方を晦ましたバーコフ、最初から助けようともしなかったコチャックとは違い、きちんと助けに現れている。また高級将校専用機や休暇の際のプールではしゃぐなど、年相応の少年らしい性格も併せ持っている。

新兵であるため、他のバーコフ分隊のメンバーとは違い分隊加入前の戦場における異常な生存能力を示すエピソードは存在しないが、惑星モナド攻略戦でキリコから「ここまで生き延びており、またバーコフ分隊に集められた以上お前も異能生存体だろう」とのお墨付きを得て、他の分隊員達同様危機的状況を打開するため奮戦するが、異能生存体であるはずの隊員達は次々と戦死。惑星爆発が近づく中バーコフの犠牲の元キリコと脱出艇に乗り込むことに成功するが、そこで長らく抑えていたキリコへの殺意が爆発しキリコに発砲。自分の意志で引き金を引くことを止められないと悟り、自らの腹部に銃口を押し当てて残りの弾を撃ちつくし、息絶える。

なお異様に長い名前であり、作中でも「どこの御曹司だ?」などと突っ込まれることも多かったが、ペールゼンに洗脳される以前の素性については明確には語られていない(パラレルワールドである吉川惣司の小説版ではバララントに占領された辺境惑星のゲリラであり男の人格を植え付けられた少女であった)。ペールゼンが彼を洗脳した目的、及び部下の医者メンケンの「次はもっと有効な洗脳が可能」という台詞、そして新兵でありながら「ペールゼン・ファイル」にその名が記されていたことについてウォッカムが人工的な異能生存体と推測したこと、天性のAT操縦技能…などから、ある存在が連想されるが…。

声優・CV

<矢部雅史>

関連イラスト

ザキショック



別名・表記ゆれ

ザキ

ソース

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2274

コメント