ピクシブ百科事典

ダレ・コチャック

だれこちゃっく

ダレ・コチャックとは、『装甲騎兵ボトムズ』の外伝作品である『ペールゼン・ファイルズ』に登場するキャラクターである。

概要

CV:後藤哲夫
ギルガメス軍バーコフ分隊に所属する兵士の一人。階級は曹長。年齢は34歳。
実年齢より老けて見える模様で、分隊長のバーコフからは『40過ぎに見えるツラ』と言われた。
バーコフ分隊に一番最後に配属となった小太りの男性だが、実戦経験豊富で肝の据わった他の面子とは異なり、繊細かつ臆病な性格で純粋な操縦技量もいまいち劣る頼りない人物。
作戦行動中でもその臆病振りは変わらず、些細なミスや詰めの甘さが目立ち、混戦ともなれば恐慌状態に陥って木偶の坊と化すなど、何かと分隊の足を引っ張ってはゴダンに殴られたりした。
そのため、他の分隊員、とりわけゴダンとザキからは完全に馬鹿にされ、厄介者扱いされていた。
しかし、任務をこなしていく中で徐々に戦場へ順応していき、それなりの度胸は付いていった。

元は技術部でアーマードトルーパーの開発に携わっていた技術者で生粋のAT乗りではなく、本来は正規の戦闘員として配属されるような人物ではない。
上層部の意向を受けてバーコフ分隊の動向を監視するために送り込まれたスパイなのだが、実際はそれすら表向きに過ぎず、彼もまた他の隊員同様ある理由のために集められた一人だった。

彼の弱さと脆さはその臆病な性格に振り回されているが故の結果であり、ATの操縦技量にしても他の分隊員と比べた場合に低いだけで、決して総体的に下手であるというわけではない。
また、元技術者という経歴からATの構造上の弱点を分隊の誰よりも熟知しており、落ち着いて対処出来れば、その知識を活かした戦術で操縦技量の劣りを補い得る戦闘力を発揮することは可能。
技術者としては、特にATの血液とも言えるポリマーリンゲル液の扱いに関する知識や技術力に優れており、当該環境に即した液の合成配分を即座に計算すると言った才能を持っているが、更に急を要する場合には、配合した液を『味見』することで効果を確かめるという驚くべき奥の手がある。


関連タグ

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ キリコ・キュービィー
ノル・バーコフ ガリー・ゴダン ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ

pixivに投稿された作品 pixivで「ダレ・コチャック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 752

コメント