ピクシブ百科事典

コウモリ男(マシーンベム)

こうもりおとこ

東映版「スパイダーマン」に登場した、マシーンベムの一体。
目次[非表示]

特撮番組、東映版「スパイダーマン」14話「父に捧げよ 戦えぬ勇者の歌を」に登場したマシーンベム。

概要

スパイダーマンの正体を探り出す事が任務。山城拓也が正体だと推測し、監視メカコウモリを用いてマークする。
サングラスをかけた男に変装。改造人間を率いて拓也を襲わせ、スパイダーマンの正体の確証を得ようとした。
その姿は、コウモリが直立した人間のような姿で、右腕が三本爪のメカニックハンドになっており、ミサイルを発射。左手には剣を持つ。
また、後頭部にコウモリの翼を有し、これを用いて飛行。空中からの急降下攻撃を得意とする。
スパイダーマンのキックを受けた直後、巨大化。アークターンとソードビッカーを連続で受け、敗れ去った。
巨大化時には「マシーンベム、ビッグコウモリ!」と名乗った。

劇中での活躍

インターポールからの依頼で、拓也=スパイダーマンは、違法輸入を行っていると思しきアイアン商事に潜入。その背後に鉄十字団を感じていた。
違法輸入は、新型兵器に関するものと判明し、拓也は潜入調査を続行。
鉄十字団は、兵器密輸の邪魔になるスパイダーマンの抹殺を計画。その命を受けたマシーンベム・コウモリ男は、拓也がその正体だと推測する。
配下の改造人間で組織された暴走族を用い、ひとみと一緒にいる拓也を襲わせるも、拓也は正体を現せないために痛めつけられる。
コウモリ男は、サングラスの男に変装し、暴走族を退け拓也とひとみを救うが、拓也は彼を怪しく思う。
コウモリ男は改造人間を何度も襲わせるが、やはり拓也は正体を現さなかった。
やがて、業を煮やしたコウモリ男は、拓次と新子を誘拐。拓也は二人を助けようとするが、自分に鉄十字団の監視の目が付いている事に気付く。
改造人間に襲われ、自ら海の中に飛び込み監視の目をくらませた拓也は、スパイダーマンに変身。二人を助け出した後にコウモリ男と対決。巨大化したコウモリ男をレオパルドンで倒す。
その後、拓也は海の中から助け出されたふりをして、鉄十字団の疑惑の目をそらすのだった。

関連項目

バットマン:アメコミの元祖コウモリ男。マーベルのスパイダーマンとは、何度かクロスオーバーで共演している。

関連記事

親記事

マシーンベム ましーんべむ

兄弟記事

コメント