ピクシブ百科事典

ゴシック・ソル・ノーブル

ごしっくそるのーぶる

ゴシック・ソル・ノーブルとは201 8年7/4~7/8間に上演された、萬腹企画vol.5マギアギアの登場人物である。
目次[非表示]

概要


舞台「マギアギア」に登場する、太陽を司る『白の魔法使い』
一族は代々王国に、白魔法使いとして仕えている。


プロフィール

出演作品萬腹企画vol.5『マギアギア』
若松春奈


性別女性

誕生日不明

出身地シュヴァルツ王国(?)

身長不明

体重不明


特技太陽の力を駆使した白魔法


人物

聡明で生真面目。絵に描いた様な堅物で、初対面の勇者アグリに対し、「名前以外に興味はない」と突き放すなど、少々クールな部分が見受けられた。
恐らく、大魔王に敗れた母、先代の白魔法使いが亡くなった事から心を閉ざしていたのかもしれない。

だが、本来は穏やかで心優しい性格で、『喫茶戸出』のピンチに積極的に助力したり、幼馴染のトモカを利用して悪事を働く村上に対して憤慨するなど、厚情であった。

勤勉な様で、この世界の文字に大変な興味を示し、トモカに字を習おうとしていた。

また、少々天然なようで、ガーネット姫の回想シーンに注意されても割込みなど、コミカルなシーンもあった。


経歴



本編より10年前、先代の母が勇者もろとも魔王に敗北した事から、うら若くも王家直属の白魔法使いに任命。

本編序盤にて、シュヴァルツ王より勇者アグリのお供に任命される。
この時、アグリが魔王討伐の条件にガーネット姫との婚約を要求したことから、彼を嫌悪。
しかし、彼の真意が『大恩ある姫の優しさに報いる』事と知り、わだかまりをほんの少しとく。

とある洞窟にて、黒魔女クルエラバロック・バゼル・クルエラと合流。

彼女を『死神』と吹聴するノーブルと、かつての盟友であるノーブル母の死を嘲るクルエラ。

二人は激しく言い争うが、母ブランの杖を受け取った事で敵意が薄れ、追ってきた魔王から逃走する形で、冥界女帝ノワールとともに冒険に出る。

余談


http://www.pixiv.net/member_ilust.php?mode=medium&ilust_id=67874773

間違っても彼ではない。


萬腹企画公式ツイッター


>http://twitter.com/manpukupuku2


この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 作品 イベント舞台

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴシック・ソル・ノーブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント