ピクシブ百科事典

ゴリエ

ごりえ

ワンナイR&Rのコントでのガレッジセールのゴリが扮するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ガレッジセールのゴリが演じるワンナイを代表する名物キャラの一人で、血液型A型、身長173cm 、体重はJリーガーと同じくらい。好きな言葉は川ちゃん。このゴリエという名が正式名称であったが、後に松浦亜弥が妹役で出演した際に「松浦ゴリエ」と名乗るようになり、そのまま本名となった。
元々は「ワンナイチェック」「ゴリエの合コンマニュアル」「ゴリエの恋愛マニュアル」「ゴリエの結婚マニュアル」「ゴリエのヨロコビ!ライフ」「ゴリエの恋のじゃろがい」といったコーナーに登場するキャラクターで、初期のころは中学生だったが、後に大学生になり、最終的には教師となりもんじゃろ学園中学校1年G組副担任となった。
特技はチアダンスで、鉄棒にて肘で大車輪をしたりいきなりドロップキックをしたりと、身体能力は高い。
家族はサーカス団員だった父、母、妹のあややがいたが、父は借金を残して失踪、母は借金返済のため働きづめとなり過労で病気になり他界、あややとは別の親戚に引き取られた後サーカス団に強制的に入団させられ、サーカス団員として昼は玉乗り、夜は団長のタマ乗り、休日は団員のタマ乗りとタマ磨きで忙しい日々を送っていたという過去を持つ。しかし、母は生きていたことが判明し、15年ぶりに再会した。そして妹あややは超能力者で、ワンナイ学園にて騒動を起こしたことがある。
劇中では川ちゃんに思いを寄せているが、川ちゃんはゴリエのことをどうでもよく思っているため大抵は邪険に扱っており、さらには恋人だと思っていることを利用されて搾取され、パシらされ、極めつけはガールフレンドと浮気した友人の暗殺や盗撮ビデオの制作、チケットの窃盗など、様々な悪事に加担させられてしまう。
デビュー曲『Mickey』にて紅白出場も果たした。 この他にもハローキティとコラボしたこともある。さらに2006年9月17日放送分にて安室奈美恵のコンサートライブで「You're my sunshine」の演奏中に「ヘッドスピン10回転できなかったら引退」という無茶な企画に挑戦させられたが見事成功した。

口癖

ペコリ~
ヨ・ロ・コ・ビ〜
カナシミ〜
〜じゃろがい!
な・ん・だ・な。
ウィ。
~でござる

最終回

次で番組が最終回を迎える2006年12月13日放送分にて川ちゃんとの結婚式で番組を締めようと提案するゴリエであったが、川ちゃんはそれを拒絶する。戸惑うゴリエは川ちゃんの家に連れられ、そこで驚愕の真実を知ることとなる。
川ちゃんの家に来たゴリエはそこに見知らぬ女性がいるのを目撃する。実はこの女性、アキは川ちゃんの妻であり、川ちゃんはゴリエに出会った時すでに結婚していたことを知る。ゴリエはこの事実にショックを受け、川ちゃんの家を飛び出した後そのまま行方不明になってしまう。
しかしその3年後、北海道にいたことが判明した。どうやら川ちゃんのことを忘れようとして誰もいない北海道に来ていたようで、その途中吹雪に逢い、真夜中に極寒の北海道を彷徨っていると居酒屋にたどり着き、店主のジョージに拾われて店の女将として働いていた。そんな中川ちゃんが長旅の末ゴリエと再会、アキと離婚したことを話し改めてプロポーズされるが「もう遅いよ!」と一度は拒否、ジョージにプロポーズするが実は彼も既婚者であり、またもショックを受ける。それを見て「こんな事二回もあるか?」からかう川ちゃんに対し「一回目はお前じゃろがい!」と怒るもプロポーズを受け入れ、メンバーやキャラクターたちに祝福されながら川ちゃんと結婚した。

余談

ワンナイのとある回のコントでゴリエの幼少期時代の回想が描かれていたシーンがあったが、そのゴリエの幼少期を演じていたのは当時子役だった悠木碧氏(当時は本名の八武崎碧名義)だった。

関連タグ

ワンナイ
ガレッジセール

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴリエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119

コメント