ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

三畳紀初期に出現した爬虫類
ロシアの古生物学者の「シャロフ」さんに献名し、「シャロフさんの翼」の意味のシャロヴィプテリクスと名付けられた。
20センチ程度の小型種だが、脚が頭胴長と同じくらい長く、腕と脚の間に膜が張っている。

樹上性の種であり、木から木へ移動する際には滑空していたと考えられている。
羽を持たないこの生物は、なんと皮膜の張られた長い脚を目一杯に開き滑空していた

Sharovipteryx



なお、完全な温血性ではなかったものの、温血動物になりつつあったと考えられている。
不完全ではあるが、現在発見されている限り、最初期の温血動物といえる。


表記揺れ

シャロビプテリクス

関連タグ

爬虫類

関連記事

親記事

プロラケルタ類 ぷろらけるたるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャロヴィプテリクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント