ピクシブ百科事典

ジュラシック・ワールド/ドミニオン

じゅらしっくわーるどどみにおん

ジュラシックワールドシリーズ完結編にしてジュラシックシリーズ最終作である。撮影開始時の仮名はジュラシックワールドアルカディアだった。
目次[非表示]

概要

ジュラシック・ワールド及びジュラシック・ワールド/炎の王国の続編で本作を持ってジュラシック・パークから続いたジュラシックサーガは完結する。原題はjurassic world dominion。ドミニオンとは統治や支配を意味し自然を支配するのは人間か恐竜かのことを表しているが、恐竜と人間の戦争にはならないことが判明している。

シリーズの生みの親スティーブン・スピルバーグは引き続き制作総指揮。監督には第1作と同様コリン・トレボロウ。脚本はジュラシック・ワールド/バトル・アット・ビッグ・ロックで脚本を努めた女性脚本家エミリー・カーマイケル、デレク・コノリーとトレボロウが務め、主演はオーウェン・グラディ役にクリス・プラット、クレア・ディアリング役でブライス・ダラス・ハワード、新ヒロインは前作から引き続きメイジー・ロックウッド役のイザベラ・サーモンが務める。ジア・ロドリゲス役のダニエラ・ピネダとフランクリン・ウェッブ役のジャスティス・スミスが続投。新キャストにDPGの新しい女性獣医としてデワンダ・ワイズが参加し、恐竜ハンターゼイン・マキシンにはスコット・ヘイズが扮し、第1作のオールキャストも登場予定。

またレジェンド俳優でアラン・グラント役のサム・ニール、イアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラム、エリー・サトラー役のローラ・ダーン、ヘンリー・ウー博士役にB.Dウォンが出演する。

トレボロウ監督によりハイブリッド恐竜は登場せず人類と恐竜による戦争及び恐竜による都市破壊は存在しないことが判明している。

ストーリー

メイジー・ロックウッドの手によりロックウッド邸から全ての恐竜と翼竜が、ティラノサウルスのレクシィによりモササウルスがそれぞれ人間の世界に放たれて3年後の2021年

DPGは恐竜保護に務める一方で恐竜を狙う、恐竜ハンターゼイン・マキシン達も現れ事態は困窮を極めていく。

登場人物

演:クリス・プラット
本作の主人公。ジュラシック・ワールドの元恐竜監視員。

演:ブライス・ダラス・ハワード
元ジュラシック・ワールドの運用管理者でDPG代表。

演:イザベラ・サーモン
本作のメインヒロイン。表向きはベンジャミン・ロックウッドの孫娘として育ったクローン人間。前作にて同じクローンである恐竜達への哀れみから、この世界に解き放った元凶的な側面を持つ。

演:サム・ニール
古生物博士で第1作と第3作では主人公を務めた。

演:ジェフゴールド・ブラム
カオス理論の数学者。前作、炎の王国で世界がジュラシック・ワールドに変わる宣言をした。

  • エリー・サトラー
演:ローラ・ダーン
元古植物学者でⅢでは外交官の夫と子供がいた。

演:B.Dウォン
元ジュラシック・ワールド研究主任で現在は指名手配犯のマッドサイエンティスト。前作の騒動後も生存していることが判明している。

演:ダニエラ・ピネダ
元海兵でDPGの獣医。

  • フランクリン・ウェッブ
演:ジャスティス・スミス
DPGのコンピューター担当。

演:スコット・ヘイズ
恐竜ハンターの白人男性。

登場恐竜・古代生物

地球最後の雌のティラノサウルス。

地球最後にして最強のヴェロキラプトル。

外洋で生物を捕食しさらに巨大になっている。

関連タグ

ジュラシック・ワールド ジュラシック・ワールド/炎の王国 ジュラシック・パーク オーウェン・グラディ クレア・ディアリング メイジー・ロックウッド ジア・ロドリゲス ヘンリー・ウー

アラン・グラント イアン・マルコム ティラノサウルス・レックス(レクシィ) ブルー(ジュラシック・ワールド)

関連記事

親記事

ジュラシック・ワールド じゅらしっくわーるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュラシック・ワールド/ドミニオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント