ピクシブ百科事典

ストループ効果

すとるーぷこうか

ストループ効果とは、文字の意味と文字の色のように二つの情報が影響を与えあう効果のことである。

概要

ストループ効果とは、文字の意味と文字の色のように二つの情報が影響を与えあう効果のことである。1935年にアメリカの心理学者ジョン・ストループによって報告された
例えば、「赤」という文字が青色で書かれていた場合、「赤」が赤色で書かれているよりも色名を答えるのに答えるのに時間がかかる。上記のシチュエーションにおいて、文字の意味を問うたときは、逆ストループ効果という。

関連タグ

効果

関連記事

親記事

効果 こうか

兄弟記事

コメント