ピクシブ百科事典

スワロウテイル人工少女販売処

すわろうているじんこうしょうじょはんばいしょ

『スワロウテイル人工少女販売処』とは、籐真千歳によるSF小説。
目次[非表示]

概要

早川書房(ハヤカワ文庫JA)より刊行。「第10回Sense of Gender賞 話題賞」受賞作品。
表紙イラストは竹岡美穂

シリーズ

「スワロウテイル人工少女販売処」(2010年6月)
「スワロウテイル/幼形成熟の終わり」(2011年9月)
「スワロウテイル序章/人工処女受胎」(2012年9月)
「スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの」(2013年7月)

第3作のみ本文中にも挿絵が描かれている。
第4作の刊行およびシリーズ完結と同時に、第1作・第2作の新カバーバージョンが刊行された。

あらすじ

22世紀、関東湾の男女別離の人工島で、 感染者たちは人を模して作られた「人工妖精」たちと生活していた。その一人である揚羽は、治安維持組織「青色機関」の一員として、人工妖精でありながら狂ってしまった同族を殺処分する役割を担っている。

登場人物

・揚羽(詩藤之揚羽)
・真白
・詩藤鏡子
・曽田陽平

関連作品

『θ 11番ホームの妖精』

関連タグ

詩藤鏡子 詩藤之峨東晒井ヶ揚羽 籐真千歳

この記事のカテゴリ

小説 作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「スワロウテイル人工少女販売処」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13077

コメント