ピクシブ百科事典

ダブルヒーローコレクション

だぶるひーろーこれくしょん

ダブルヒーローコレクションとは、カプコンより発売された、『ロックマンゼロ』『ロックマンゼクス』シリーズの最新ハード向けに移植されたゲームである。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは『ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』。
タイトルからわかる通り、『ロックマンゼロ』全4部作と『ロックマンゼクス』2部作の全てがPS4,STEAM,Nintendo Switchでプレイできる移植版ソフトである。

収録作品


新機能

  • カジュアルシナリオモード

ゼロ、ゼクスシリーズ共に難易度が高いゲームのため、初心者救済措置として実像されたモード。
メニューでこのモードのON/OFFを切り替えることができる。
体力ゲージや残機数、サブタンク等が最大、所持しているエルフが最初からすべて集まっていたりと、キャラクターを育てる手間を省き、作中のストーリーをただ楽しめることを目的としている。
ただし、こちらでゲームを行っても、ズル防止のためかトロフィーやZZカード等の収集はできないようになっている。しかしクリアすることは無意味ではなく、一度クリアするだけでその作品のミニゲームがすべて解放される仕様。
また、セーブデータも通常モードとは別枠。
このモードの実像により、ゼロ2ではなかったアルティメットモードが事実上実像されている。
一方、ゼロ4以降に搭載されていたイージー、ビギナーモードが不要となったため廃止された。

  • アシストセーブ
ONにすることでステージの随所にアシストセーブポイントが設置される。これを通り過ぎるとその場所からゲームの続きが可能となっており、ミッション中でもどのタイミングでも設置と撤去、およびデータのロードを自由に選ぶことができる。このためミッションの途中で失敗したことがあったり、ダメージの受け過ぎやミスで成績が悪くなることがあっても、まだそうなる前の地点からのやり直しが可能となった。
こちらはカジュアルシナリオモードと違い、ONにしてもトロフィー獲得の有無に影響は出ない。

  • Zチェイサー
6作品から二つずつ厳選されたステージのタイムを競うモード。全世界で競うためのランキングも実像されている。
全ステージでSランクを獲得すると、ゼクスアドベントのミニゲームステージ、『ロックマンa』のステージも選べるようになる。

  • 高画質フィルター
当時よりも高度な画質でプレイできる。
しかし、完全なリマスターとは言えず、各キャラのセリフと共に表示される顔グラが特に、やや画質が荒く表示されたままとなっている。

その他

DS版ロックマンゼロコレクションに搭載されていた未使用ボタンの振り当て機能も廃止されている(X,Yボタンを他のボタンと同じ効果にする機能)。このため、DS版で可能だったゼクス以降やXシリーズと同じようなボタンの振り当てが、本作のゼロシリーズでは完全な形で再現できなくなってしまった…つまり一度に使えるボタンがDS版と比べて少なくなったという欠点がある。


全作品のセーブデータの数も、当時と変わっていないように見受けられるが、ゼロ1のみ6個のデータを保存できるようになった。
カジュアルシナリオモードと通常モードはそれぞれ別枠扱いとなっている。その結果、保存できるセーブデータの総数が移植前の倍となっている。
また、海外言語版『MEGAMAN ZERO』『MEGAMAN ZX』シリーズも本作で全てプレイ可能となっており、こちらも全て通常モードとカジュアルシナリオモードでプレイできる。こちらについても、日本語版とはそれぞれ別のセーブデータとなっている。

このため結果的にセーブデータの枠数は、当時の移植前のソフト一つと比べると、結果的にはるかに多くなったといえる。ロックマンゼロシリーズだけでも、日本語版と英語版の二つがプレイ可能で、1作品につき当時の4倍もの総数のデータセーブが保存できるようになっていることになる。
さらにゼクスシリーズはドイツ・フランス・イタリア・スペイン語版もプレイできるため、さらにもっと多くのデータの保存が結果として可能となった。

一度クリアしたステージを、ボスが生存している状態で再プレイできるフリーモード的なデータを多く作ることができる。そのたびに最初からプレイしなければならないという手間はあるが。

関連記事

親記事

ロックマンゼロ ろっくまんぜろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルヒーローコレクション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント