ピクシブ百科事典

プロパガンダ戦争

ぷろぱがんだせんそう

プロパガンダ戦争とは、武力の代わりに情報・言葉を使った戦争のことで、「宣伝戦争」「情報戦争」とも言う。

概要

通常戦争で行使する軍事の代わりに、情報言葉による宣伝(プロパガンダ工作)を行って、敵視するの国際社会での評価を失墜させ貶めることで、国際社会から孤立させることを狙って行われる非正規戦争であり、『情報戦』『情報戦争』『宣伝戦』『宣伝戦争』ともいう。
お互いに宣伝しあっているのではなく一方的に宣伝工作を行っている場合は、「情報によるテロとも言える。

起源を辿れば根拠のない風聞など遥か古代に遡ることができるだろうが、目につくようになってきたのはラジオテレビ映画などのメディアが発達してきてからである。特に有名なのがナチスの独裁体制下にあったころのドイツで、国民啓蒙・宣伝省というそれ専用の省庁が存在しただけあって、大規模に徹底して行われた。

そして冷戦が始まると、自由主義陣営の盟主アメリカが国内で共産主義者狩りしたり、外国にある反共の独裁政権を支援したりしてるのに自由と正義の国という宣伝を行ったり、社会主義陣営の盟主ソ連がノーメンクラトゥーラによる寡頭政治で腐敗と粛清が横行しているのに格差が存在しない労働者の祖国と宣伝したりするのが目につくようになってきた。

そして現在もあらゆる国家が外交を有利に進めるべく行われており、分断国家状態が続いている北朝鮮韓国の宣伝合戦がいい例であるが、北朝鮮側は冷戦終了後、宣伝内容に現実味を失いつつある。

関連タグ

戦争 プロパガンダ 間接侵略
宣伝 情報 情報戦
ブラックプロパガンダ
ホワイトプロパガンダ

pixivに投稿された作品 pixivで「プロパガンダ戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1329

コメント