ピクシブ百科事典

メイファ・ギルボード

めいふぁぎるぼーど

【メイファ・ギルボード】とは、松浦まさふみ作「機動戦士ガンダム ―IN UC.0099 ムーンクライシス-」に登場するキャラである。

概要

ムーンクライシスのヒロイン。
ネオ・ジオンに所属する紅茶色の髪に藍色の瞳を持つ少女で、気品溢れる容姿をしている。 ある事件に遭遇したが、連邦に所属している兵士「タクナ・アンダースン」によって保護された。

関連タグ

松浦まさふみ
ムーンクライシス















正体
ジオン高官の娘「メイファ・ギルボード」を名乗っているがそれは世を忍ぶための仮の名前で、本来の名前は「ミネバ・ラオ・ザビ」。
自分が狙われたことで同盟者であるタウ・リンの企みに気付き、スパイとして潜伏していた空母ベクトラの甲板長の導きにより、MSを操縦してベクトラを脱出した。

ミネバとしてネオ・ジオン兵に撤退を呼びかけ、自分は責任を取り死のうとしたが、ネオ・ジオンのリーダーであるハウエルから自分がミネバのクローンと知らされ、自分を追いかけてきたタクナに救われ、共にタウ・リンを倒す。
最後はタクナと共に地球に降り、メイファ・ギルボードとして彼と共に生きることになった。この時、ベクトラのクルーたちに堂々と見送られており、対外的にも「何も知らされていなかったミネバの影武者」としておとがめはなかった模様(スペースノイド嫌いのゴールドマン大統領も劇中「年端もいかない少女に責任を負わせてはならない(要約)」と発言している)。

なお、彼女が本当にミネバのクローンだったのかははっきりしていない。ハウエルの最期の言葉から、クローンというのは彼女をジオンのしがらみから解き放つための嘘(つまり、クローンではないミネバ本人)と思われるが、松浦氏は明言は避けている。
なお、松浦氏の世界観でのクローンは「自殺遺伝子」が組み込まれて、年齢とかのトリガーで発動、がん細胞が増殖して死亡するという設定であるが、メイファは少なくてもその後宇宙世紀107年の機動戦士ガンダムReonの時点では生きているとのこと(参照)。

また、現在の公式設定では外伝作品等で『ミネバとされる人物』全員が『ミネバの影武者の1人』の扱いとなっているため、無理に公式と矛盾しないようにするならやっぱりクローンということになるのだが……?

いずれにせよ、彼女のがタクナのそばで幸せな人生を送れたと願うばかりである。

関連タグ(ネタバレ)
ミネバ・ラオ・ザビ

オードリー・バーン ミネバ・アーシタ……それぞれ別の世界線でのミネバ。ただし、後者はメイファ同様現在では非公式扱い。

関連記事

親記事

ムーンクライシス むーんくらいしす

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メイファ・ギルボード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました