ピクシブ百科事典

メダルイーター

めだるいーたー

メダロット9における呼び起こしてはいけなかったモノ。
目次[非表示]

注意!
この記事はメダロット9の重大なネタバレになります。
ネタバレしたくない方はブラウザバックしてください。




































概要

ドット絵こんばーた


メダロット9の物語のラスボス。
メダルイーターという名称はMEDA学院の校長先生がその行動から呼称しているもので正式な名は不明。

数百年前にメダリアofメダリウムと共に宇宙から飛来、当初は何らかの理由により機能停止してメダリウムと共にルースガイザー島の地中深くに眠っていたがメダリアやメダリウムの採掘が進み人々はとうとうコイツを堀り当ててしまう。

メダルイーターの武器は超音波。それを利用し、なんとメダロットを操ってしまう。操られたメダロットはエサ集め(もしくは外敵退治)をし用済みになるとメダルを抜き取られ食べられる、というメダロットの天敵とも言える存在。

その後人々は何とかメダリウムにメダルイーターを封じ込め一時的に撃退、島は廃鉱になり事件も当事者と一部の関係者のみにしか知られていない。

本編

メダリアofメダリウムに目がくらんだロボロボ団により復活、ロボロボ団のメダロットを操り暴れだす。セレクト隊も退治しようとするが彼らのメダロットも操られ太刀打ち不可能、このまま島はメダルイーターに滅ぼされるしかないと思われたが…

何故かMEDA学院のメダロットは操られなかった。これはマスターと確かな絆を結んだメダロットは操られないためである。学院の方針のメダロッター1人にメダロット1体の理由は来るべきメダルイーターの災厄に備えるための物だったのである。

メダリウムの封印をわざと解除しメダルイーターを倒す事になるものの、頭部迎撃担当の部活のメダロットが捕食されてしまう(レスキュー部、メダロット研究部、アイドル部の何れか)。

探検部の下へメタビーofロクショウが駆け付け最終決戦へともつれ込み最後は何とか倒す事に成功。
捕食されたメダルはエネルギー源にしか使われていなかったのか数百年分の体内のメダルは全て解放された(頭部迎撃担当の物も解放)。

機体概要

エイリアン型:ALI03 N

頭部

ヘッド装甲666格闘:デスロック:Hv
成功:62威力:78充填:54冷却:54

右腕
ハンド装甲:200格闘:我:ゴースト:Hv
成功:54威力:104充填:46冷却:96

左腕
アーム装甲:200射撃:狙:ゴーストショット:Hv
成功:104威力:54充填:96冷却:46

脚部
レッグ装甲:666浮遊タイプ・オートリペア・Hv3
起動:90格闘:100射撃:90

お気付きであろうがコイツ自身もメダロットの一体。ただしプレイヤー側が使う事が出来ない敵専用装備。
そのためなのかパーツ名称もヘッドやアームとそのまんまな名前である。

肥大化した頭部、両腕どころか脚部まで左右非対称で生物的なフォルムなど、見た目は異形のエイリアンと言っても過言ではない。頭部は大顎のように開くことが可能で、この開いた頭部の中にメダルの吸引口が存在し、抜き取ったメダルを吸い取って飲み込んでしまう。
ムービーでは3対1にも関わらず、頭部迎撃担当のメダロットを相手に圧倒し、メダルを飲み込んでしまう。大顎状の頭部でメダロットに食らいつき振り回すなど、その暴れっぷりは漫画版初代メダロットのラスボスを思い起こさせる。

上の数値の通りどれもこれも高く正直ぶっ壊れ装備。
しかも頭以外は壊してもトランスパーツで食べられた部活のパーツでリカバリーしてくる。
一応、全てヘヴィパーツなので足さえ壊せば重量オーバーで割と何とか出来る。

関連タグ

メダロット9 捕食者
ラスボス

関連記事

親記事

メダロット9 めだろっとないん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メダルイーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130

コメント