ピクシブ百科事典

メリッサ・ソーン

めりっさそーん

『モンタナ・ジョーンズ』に登場するキャラクターで、メインヒロイン。
目次[非表示]

概要

CV:岩男潤子
 ソーン外交官の一人娘で、新聞記者をしているスタイル抜群の美女。
 アーサーというピアノの得意な甥っ子がいる。
 教養があって頭の回転も早く、度胸もあって非常に多才。特に語学や自動車の運転、歌唱に堪能で、旅先ではそれを如何なく発揮している。
 反面、お嬢様気質で少々わがままなところがあり、マチュピチュへ向かうときに乗り合わせた列車に不満を漏らしたり、宝探しよりも自身の買い物を優先させたりすることも多かった。
 また、金銭感覚が一般人とは異なるため、アルフレッド曰く「100年分の買い物」レベルの量を買ってなお次の店に行こうとしたり、競売で財布から1万マルクを事もなげに出して会場をどよめかせたりといった一幕も。
 伝説にロマンチックさを求める事も少なくなく、ロマンに浸って発した一言が謎解きのヒントとなることもある(しかしムードはモンタナに決まって台無しにされる)。

 平凡な生活に退屈しており、退屈しのぎにモンタナ達の冒険に同行することもしばしば。
 ただし不本意に巻き込まれるときも有り、バカンスやパーティに向かうために飛行機に乗り込んだものの、そのまま宝探しに同行させられて頓挫する事も少なくない(特に美容院の予約は間に合った例がない)。おまけにモンタナの荒っぽい操縦で服をダメにされたり、冷や汗をかく場面に頻繁に直面するため、彼をよく叱責している。

 それでも何だかんだで冒険の最後まで協力し、モンタナと次第に惹かれ合っていった。最後には彼からのプロポーズともとれる言葉に思わず声をつまらせ、アルフレッドと父親から「二人はお似合いかもしれない」と驚かれている。

メリッサのファッションブック

 非常におしゃれな女性であり、毎回異なった様々なファッションで登場する。最先端のトレンドはもちろん、旅行先や冒険先の民族衣装を着こなすことも多い。日本に来た際はお着物を着ている。
 最初から冒険に同行するような場合は、モンタナたちと同様に冒険ルックな服装をする事も少なくなかった。本編放映後には、見出しでもある「メリッサのファッションブック」というコーナーで、彼女のファッションやそのデザインが紹介されている。

関連タグ

モンタナ・ジョーンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「メリッサ・ソーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6152

コメント