ピクシブ百科事典

ゼロ卿

ぜろきょう

『モンタナ・ジョーンズ』に登場する、考古学的遺産を狙うトレジャーハンター。
目次[非表示]

お前たち!!これで終わったと思うなよォ!!
CV:大友龍三郎

概要

 『モンタナ・ジョーンズ』における悪役。
 世界の考古学的遺産全てをコレクションしようと企む、トレジャーハンターの伊達男。
 その為、遺産を護ろうとするモンタナ一行とは常に火花を散らし、先を争い合う仲。
 また同時に、彼らに遺産保護の指令を出しているギルト博士に対しても、遺産の独占を邪魔する目障りな存在と認識している。
 手下としてスリムスラム、科学者のニトロ博士を引き連れている。

 執念深いうえに強引な手段を用いることが多く、目当ての秘宝さえ手に入れば遺跡や遺構が壊滅しようがお構いなし。
 あまりの傍若無人さからモンタナに、
「こいつ(ゼロ卿)と友達になるくらいなら、ゴキブリと兄弟になった方がマシだぜ!」
と、臆面もなく言われたこともあるほど。
 長年秘宝を追いかけているためか、それなりに謎解きもできるが的外れなことが多く、しばしばモンタナ一行に出し抜かれた。
 基本的には自身の推察が正しいと考えているが、モンタナ一行が自分たちとは別の行動をしているのを見かければ直ちに彼らの追跡に切り替えるなど、柔軟性がない訳ではない。

服装

 容貌は、普段は白いマントに黒のスーツと蝶ネクタイを着こなし、シルクハットを被っている他、右目にモノクルをしているのが通例である。
 ただし、舞台となる地域によっては

  • 白いスーツに白い帽子、蝶ネクタイ
  • 極寒の地ではモコモコした厚手のコート、帽子
  • アラビアン調やエジプト調のターバン姿
  • 探検隊の定番サファリジャケット

などなど、メリッサ程でないにしろ、伊達男っぷりを見せつけていた。
 またステッキを愛用しており、何かしらの機能を備えた仕込み杖である場合が多い。
 例としては

  • ロケット弾
  • 望遠鏡
  • 無線機
  • 小型プロペラ
  • ライター

などなど。
 ステッキの装飾がその回に登場するメカローバーと対応していることも多く、クフ王の回を見るに、一度の冒険に複数本持参しているのが確認できる。


性格

 人前では紳士然とした言葉遣いやルールを順守する様を見せるが、協力者が用済みになったり公衆の目がなくなったりすると、途端に傲慢不遜で傍若無人な本性を表す。

 気性が荒いうえに非常に短気な性格で、失敗ばかりのスリムとスラムにはステッキを振り回していつも八つ当たりしている。しかし劇中の描写からみるに、2人がちゃんと避けられることは想定済みでやっている模様(回避→頭を軽くポコポコ叩くパターンが殆ど)。
 一度アルフレッドを利用して宝を見つけ出そうとした時に、「努力と忍耐ですよ」と言われてブチギレ寸前になったことがある。
 そのため、スラムには「ああいう性格にだけはならないでおこう」と陰口をたたかれたこともある。

 ほかには自他ともに認める寝起きの悪さはもちろん、いびきの騒々しさは筋金入り(しかもいびきは自覚無し)。金持ちのわりにかなりのケチでもあり、ニトロ博士は開発費不足に、スラムはパシリの対価がほぼ無いことに不満を抱いている。

 また、躍起になると無茶な命令を出すことが頻繁にあり、ニトロ博士やスラムに無理難題を命じてはメカローバーを損傷、または大破させる原因になっている。
 典型例として恐竜型メカローバー『ゴグ』が挙げられ、飛べもしないのに飛行するケティ号に追い付けと無茶な命令を下した。
 その為、ニトロ博士は自棄になって機関部を爆発させ、その反動で空を飛ぶと言う暴挙に出ることに(見事飛ばして追いつかせることは成功させたが、制御できずに岩壁へ激突。もちろん大破墜落した)。


交友関係

 スリムとスラムは手下として、ニトロ博士は雇い科学者(所謂スポンサー)の立場でいる。特にニトロ博士とは、シリーズが進む都度、予算をケチられた事が原因か言い争う場面も増えていった。
 ブルジョアなりに顔は広いようで、ロシアにはチェロニコフ大佐というロシア人将校の友人がいる(後に絶交状態となったが)。
 ジョドファとも顔見知りで、しばしば宝の情報や在り処を示すとされる品を買い上げている。
 これについてゼロ卿は「世界のどこにでも、友人はいるのだ」と公言していた。
 また、各地域にいるマフィアや盗賊等の組織の長を、宝を手に入れる為に利用する事もしばしばみられる。

身体能力

 ゼロ卿は見た目からしておそらく壮年の男性だが、そんな年齢を吹き飛ばすような身体能力の持ち主でもある。

 例えば階段から推定6mの高さを飛び降りて何ともなかったり、剣術も相当達者なもの。
 エクスカリバーを振るうモンタナ相手にステッキ1本で打ち合ったり、後述する自分と瓜二つな容貌で剣士としても誉れ高い領主とサーベルを使って勝負を繰り広げた事もある(後者はさすがに押し負けた)。

 また、アニメならではとも言えるが、メカローバーの爆発や爆弾等で吹き飛ばされてもススだらけで済む程度にはタフ。中には急降下したまま地面に激突しても無事だったこともある。

財力

 明確な財力についての説明等は無いが、世界を飛び回り、挙句には手の込んだメカを毎度の如く投入し、時には飛行場で大型飛行機を使用している(ゼロ卿専用かは不明である)ことから、彼の有する財力と言うもは並々ならぬものだと推察できる(一方のモンタナは、個人業故に経営は綱渡り状態であったが)。
 第3話にて、一度だけゼロ卿の住まいが映されたことがある。見る限り、かなりの豪邸であり、敷地周辺も柵や立派な門構えを持っている。ニトロ博士の開発施設も兼備している。
 さらに、世界中にいろいろと事業を展開している節もある模様。その代表格がクフ王のピラミッド調査であり、彼の指揮のもとで調査を行っていた模様。また、エジプトの博物館の館長として就任していたことが明かされる。
 とはいえ、それだけの財源を有しながら、ケチであるのは上述したとおりである。

お約束

 モンタナ一向の前に登場する時や標的の宝物を前にした時、奪取失敗時の台詞はシリーズの代名詞と言っても過言ではない。

世界の考古学的遺産は、全てこの(我が)ゼロ卿のコレクションに
ニトロ博士、事情を説明してもらおうか
弁解は罪悪と知りたまえ
お前たち!!これで終わったと思うなよォ!!

そっくりさん?

モリアーティ教授…事情を説明してもらおうか


 マント・帽子・ステッキを愛用していること、大掛かりなメカを多用すること、自分が価値を見出したお宝に執着すること、似たような部下がいること(スリム&スラム、トッド&スマイリー)、そして主人公サイドに何度負けても諦めないことなど、『名探偵ホームズ』のモリアーティ教授とは共通点が多い。
 まあ、キャラクターデザインが同じ人たちなので、当然といえば当然だが。

 また、劇中でもゼロ卿のソックリさんが登場している。
 ルーマニアのとある領主は、ゼロ卿と本当に瓜二つの容貌をしており、モンタナ一行が初めて領主と会った時は、本気で彼をゼロ卿と勘違いした(この後に入れ替わり、農民代表と面会したのがゼロ卿が扮する領主だと思われる)。
 領主のほうが圧倒的に穏健で、フレンドリーな性格をした善良な人物である。語尾に必ず「~だよね」になっており、ゆったりした喋り方をするの特徴である。
 こと機械類が好きなのか、たくさんの飛行機模型をコレクションしており、モンタナ達がケティ号でやって来た時には「私も飛行機をこんなに持っているのだよね」と披露してみたり、ケティ号に乗せてほしいとお願いしている程。
 また「構造が気になるからメカローバーを分解してみたい」等と目を輝かせたりするなど、好奇心旺盛で子供のような、純真な性格でもある事が伺える。
 そのせいか、次期領主の座を狙う臣下のルべスク将軍に政治は任せっきりで、ゼロ卿を撃退するまで領民からの評価は陰っていた。後に、ゼロ卿とルべスク将軍の悪事が露呈したこともあり、領民からの支持は戻った模様。
 因みに、領主はホンワカな性格を急いている一方、騎士として誉れ高いものがあり(農民の間でも知れ渡っていた)、ゼロ卿と互角の剣術を展開した腕前を持つ。

最後に

 手下であるスリムとスラムの絶妙なボケ、ニトロ博士のトンデモ科学者っぷり、ゼロ卿の名言など、彼らの人気もまた作品をより面白くしていたと言えるだろう。

関連タグ

モンタナ・ジョーンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロ卿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29051

コメント