ピクシブ百科事典

ゼロ卿

ぜろきょう

『モンタナ・ジョーンズ』に登場する、考古学的遺産を狙うトレジャーハンター。
目次[非表示]

お前達、これで終わったと思うなよぉ!!
CV:大友龍三郎

概要

 『モンタナ・ジョーンズ』における悪役。
世界の考古学的遺産全てをコレクションしようとたくらむ、トレジャーハンターの伊達男。そのため、遺産を護ろうとするモンタナ一行とは常に火花を散らし、先を争い合う仲。
 手下としてスリムとスラム、科学者のニトロ博士を引き連れている。
 執念深いうえに強引な手段を用いることが多く、目当ての秘宝さえ手に入れば遺跡や遺構が壊滅しようがお構いなし。そのためモンタナには「友人になるくらいならゴキブリと兄弟になった方がマシ」と言われたことも。
 長年秘宝を追いかけているためかそれなりに謎解きもできるが、肝心なところで間違ったりまったくの見当違いだったりで確実性に欠ける。おまけに基本的には自身の推察が正しいと考えているせいで、しばしばモンタナ一行には出し抜かれた。

 普段は白いマントに黒のスーツを着こなし、シルクハットを被っているほか、右目にモノクルをしている。ただし舞台となる地域によっては白いスーツに白い帽子、アラビアン調やエジプト調の衣装、最終話ではサファリジャケットも着用することもある。
 またステッキを愛用しており、何かしらの機能を備えた仕込み杖(ロケット弾仕込み、望遠鏡仕込み、マイク仕込み、小型プロペラ仕込み、等々)である場合が多い。ステッキの装飾がその回に登場するメカローバーと対応していることも多く、一度の冒険に複数本持参しているのが確認できる。

性格

 気性が荒いうえに非常に短気な性格で、失敗ばかりのスリムとスラムにはステッキを振り回していつも八つ当たりしている。しかし劇中の描写からみるに、2人がちゃんと避けられることは想定済みでやっている模様(回避→頭を軽く叩くのパターンが殆ど)。
 一度アルフレッドを利用して宝を見つけ出そうとした時に、「努力と忍耐ですよ」と言われて噴気寸前になったことがある。
 そのため、スラムには「ああいう性格にだけはならないでおこう」と陰口をたたかれたこともある。
 ほかに自他ともに認める寝起きの悪さはもちろん、いびきの騒々しさは筋金入り(しかもいびきは自覚無し)。おまけに金持ちのわりにかなりのケチ。

 また、躍起になると無茶な命令を出すことが頻繁にあり、ニトロ博士に無理難題を命じてはメカローバーを損傷、または大破させる原因になっている。
 典型例として恐竜型メカローバー『ゴグ』が挙げられるだろう。飛べもしないのに飛び立つケティ号に追い付けと無茶な命令を下したため、ニトロ博士は自棄になって機関部を爆発させる反動で飛ぶと言う暴挙に出た(見事飛ばして追いつかせることは成功させたが制御できずに激突、結局大破した)。

身体能力

 ゼロ卿は見た目からしておそらく壮年の男性だが、そんな年齢を吹き飛ばすような身体能力の持ち主でもある。例えば階段から推定6mの高さを飛び降りて何ともなかったり、剣術も相当達者なもの。アーサー王の剣を振るうモンタナ相手にステッキ1本で打ち合ったり、自分と瓜二つな容貌で剣士としても誉れ高い領主とサーベルを使って互角の勝負を繰り広げた事もある。
 また、アニメならではとも言えるが、メカローバーの爆発や爆弾等で吹き飛ばされてもススだらけで済む程度にはタフ。

お約束

 モンタナ一向の前に登場する時や、標的の宝物を前にした際の「世界の考古学的遺産は、全てこの(我が)ゼロ卿のコレクションに・・・」は勿論のこと、なんといっても盗みに失敗した際の「ニトロ博士、事情を説明してもらおうか」「弁解は罪悪と知りたまえ!」「お前たち、これで終わったと思うなよォ!!」はシリーズの代名詞と言っても過言ではない。

そっくりさん?

モリアーティ教授…事情を説明してもらおうか


 マント・帽子・ステッキを愛用していること、大掛かりなメカを多用すること、自分が価値を見出したお宝に執着すること、似たような部下がいること(スリム&スラム、トッド&スマイリー)、そして主人公サイドに何度負けても諦めないことなど、『名探偵ホームズ』のモリアーティ教授とは共通点が多い。
 まあ、キャラクターデザインが同じ人なので、当然っちゃ当然だが。

 手下であるスリムとスラムの絶妙なボケ、ニトロ博士のトンデモ科学者っぷり、ゼロ卿の名言など、彼らの人気もまた作品をより面白くしていたと言えるだろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロ卿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21056

コメント