ピクシブ百科事典

アリス探偵局

ありすたんていきょく

『アリス探偵局』とは、1995年から1997年にかけてNHK教育テレビ「天才てれびくん」内で放送されたアニメ作品である。
目次[非表示]

概要

童話昔話の登場人物をキャラクターとして脚色した推理ギャグアニメ
1995年4月5日から1996年1月16日までに第1期が、1996年4月9日から1997年1月21日までに第2期が放送された。なお、放送終了後に同じ枠で放送された「アリスSOS」とはよく混同されるが何の関係もない。

ストーリー

第1期

童話に登場するキャラクターや動物が住人として暮らしている「ふしぎの村」という騒がしい村を舞台に、花屋の一人娘アリス、その花屋に居候している探偵江戸川写六、そして彼の助手イナバの3名を中心にストーリーが展開され、この3名が多発する怪事件を解決に導いていく。怪事件といっても前述の通り殺人や流血シーンなどのシリアスな描写は一切なく、軽い窃盗や傷害事件など他愛も無い事件ばかりである。犯人の殆ども簡単な注意等で済まされ、刑に服した様子も無く事件後も普通に社会生活を送っている。

最後は写六の「さて、テレビの前のみんなはもうわかったかな、……ずばり推理してくれたまえ」という台詞で締められ、次回放送の冒頭でイナバが種明かしをしながら事件の真相を事件簿ノート(絵日記)に記すという形になっている。

第2期

第2期では第1期の写六が去り、Dr.ホーとマンデーが登場。

Dr.ホーは、亡き父が「イナバ」という名の探偵にひどい目に遭わされたことの復讐として、タイムマシンでふしぎの村の「イナバ」の前に現れた。Dr.ホーの家系が「イナバ」の家系に勝利するためには、「イナバ」の先祖の才能を幼少時代の時点で潰してしまうことが必要だと企んだDr.ホーは、何としてでも「イナバ」に勝とうとふしぎの村で起こる事件(第1期同様たわいのない事件が多い)をいち早く解決しようとするが、いつも失敗ばかりで勝つことはできずにいる。

登場キャラクター


関連イラスト

アリス探偵局第二期
アリス探偵局



関連タグ

天才てれびくん アリスSOS 童話
パペットホームズ…いろいろと共通点が多い

pixivに投稿された作品 pixivで「アリス探偵局」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202230

コメント