ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モンティ・オウム

もんてぃおうむ

モンティ・オウムとは、アメリカ合衆国のアニメーター、監督、脚本家、演出家、声優(メインイラスト右側の男性)。現在は既に故人
目次 [非表示]

人物概要編集

モンティ・オウム(MontyOum:本名MonyreakOum)とは、アジア系アメリカ人のアニメーション作家。

ちなみに彼が語るところ、自らを「カンボジア人・ベトナム人・中国人・日本人」の精神でいる、とのポリシーを持っていた。


1人のクリエイターとしては、3DCG(Poser等)を駆使したハイテンポで躍動感に溢れた、格闘&ダンスアクションを得意とし、いわゆるジャパニメーション的な演出や、ダークかつ奥深い世界観が特徴。


それらの要素には彼が趣味嗜好としていた香港映画、アニメ、ビデオゲーム、そして現実での彼自身の武道家やダンサーを志した経験などが源流にあり、それらが作品へと生かされていたようだ。


製作者としての経緯と来歴編集

2002年頃から自作ファン動画の制作を始め、2007年頃に『Haloid』と『DeadFantasy』を発表し、それらの二次創作動画で知られるようになり、注目を集める。


その後、2008年にバンダイナムコゲームス社の元で働き、戦闘デザイナーとアニメーターを務める。

バンナムからのレイオフを経たそののちにはRoosterTeeth社から仕事を持ち掛けられ、RoosterTeeth制作『Red vs.Blue』シーズン8〜10のディレクターを手がけ、彼流のアクション技術がこのWebアニメーションに新たな息吹を与える。


そして2012年、『RedvsBlue』シーズン10を終えた後、『RWBY』のアイデアを社内で発表し、そしてRedTrailer等をPoserを使い、完成させWeb上で発表。

主要キャラクター4人を紹介した各4つのRWBYのTrailerはWebユーザーから人気を博し、軌道に乗ると判断されたあと本格的にRoosterTeethの映像作品として制作される事に。


そして彼は『RWBY』シリーズの原案とVolume2までの監督、原作脚本、リードアニメーターを務め、作風としては日本のアニメのスタイルを取り入れたタイトルとして制作された。

また、RWBYでの主要キャラクター「ライ・レン」の声優(現地での英語版)も担当した。


若くしての逝去編集

RT社で彼が先導して大成したRWBYだったのだが···

だが2015年、モンティ·オウムは治療行為を受けていた際に重度のアレルギー反応を起こし昏睡状態に陥った後、10日後に死亡。

33歳の若さでの死去であった。


しかし死後もRWBYはRoosterTeethのスタッフらによりVolume3以降もどうにか続編が決定&制作され、そして英語版ライ・レン役も実兄によって引き継がれ、現在までに続いている。

現状はVolume9がRWBY最新作。


RoosterTeethによる哀悼の動画

先述の動画の紹介ページ


関連イラスト編集

Monty OumMonty Oum


モンティオウム氏の各SNSサイトへの関連リンク編集

X(ツイッター)

FB(フェイスブック)

DeviantArt

FandomWiki


関連タグ編集

RedvsBlue ・ RWBY ∼ モンティオウムがRTにて関連制作したタイトル

haloid ・ deadfantasy ∼ モンティオウムが製作した自主創作アクションムービー

表記ゆれ

MontyOum Monty_Oum

関連記事

親記事

原作者 げんさくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました