ピクシブ百科事典

ラクファイ

らくふぁい

『ポケットモンスター☆SPECIAL(ポススぺ)』第11章に出てくるラクツとファイツのカップリング

『ポケットモンスター☆SPECIAL(ポケスペ)』第11章(ブラック2・ホワイト2編)に登場するラクツとファイツのカップリング。




2人はチェレンが務めるヒオウギシティのトレーナーズスクールに通っている学生である。

ラクツは普段軟派なチャラ男を装っているが、もうひとつの顔は国際警察の一員である。さらに階級は警視のため、ハンサムの上司に至る。プラズマ団事件を完全に解決する目的でイッシュに赴任してきた。警視ラクツに関してはチャラクツと180度性格が変わり、何事にも冷静かつクールでまさに「ミスターパーフェクト」。はたして素のラクツがどちらなのかはまだ分からない。

謎の転校生ファイツは、元プラズマ団員。なぜプラズマ団を抜けたのかなどは一切不明だが、母親に勧められ、トレーナーズスクールに転校してきた。パフェやグラシデアの花が好きという、とっても女の子らしい性格をしている。




Nが去った後、プラズマ団ではアクロマという科学者が新たなリーダーとして指名された。しかし、その内部では対立があったという。アクロマはポケモンをコントロールするマシン、「アクロママシーン」の研究に注力していた。一方の対抗勢力はアクロママシーンを無効化する研究を進めており、その研究成果は2年前10歳だったプラズマ団員の少女に密かに託されていた。そのまま成長していれば現在は12歳ということになる。

そのためラクツはスクールに潜入し、学園内の12歳の少女を徹底的に調べつくした。その結果、転校してきたばかりの12歳の少女であるファイツが怪しい人物として残ったため、ナンパを装いプラズマ団との関連がないか探ろうとしている。




ファイツの部屋にはプラズマ団員の服が置いてあったり、Nの写真が入ったロケットを大事に持っていたり、何かあるとすぐ心の中で「助けてNさま~~~~!」と叫んだりと今でもプラズマ団員である意識を持っている。しかし、何かしら近づいてくるラクツに対しては苦手意識を抱いており、極力避けようとしているので、まだプラズマ団であったことはバレていない。

ラクツはベルにポケモン図鑑をもらう際にファイツも一緒に誘い、アララギ博士とベルの研究に協力するために2人でポケモン図鑑を受け取った。ラクツが図鑑をダシにして「今度一緒にデータ集めに行かない?」などとファイツを誘っても彼女は嫌そうな顔をするだけ。なかなか縮まらない心の距離である。


しかし本編が進むにつれて、主にファイツの方にわずかに心情の変化が現れてきた。
ケルディオに襲われて崖から落ちたり、ポケウッドでマシンが突然暴走したりと、何かとトラブルに巻き込まれるファイツだが、そのたびにラクツが助けている。ちなみに、その際によくお姫様抱っこをしている。
第8話ではファイツがラクツを夢で見たことをきっかけに少し意識をし始めている。
さらに第9話では、ラクツがファイツにあげた誕生日プレゼントの中身が天体望遠鏡であると判明。ファイツが自己紹介で「趣味は星を見ること」と言ったのを覚えていてくれたことに感動している場面がある。





『ポケットモンスター☆SPECIAL(ポケスペ)』にしてはかなり奇抜なキャラ設定がされており、単行本化前にも関わらず「設定がおいしい」「すごく気になる」と密かに人気急上昇中。サンデーうぇぶり上での再連載でもわりと高い評価を得ている。

作者の日下先生曰く「変化するラクツとファイツの関係」とお話されていたようなので、まだかなり心の距離がある2人の関係が今後どのように変化していくのか注目である。





※※※以下注意※※※


サンデーうぇぶりで連載が再開されたといえ、第11章に関してはまだ53巻しか単行本化されていない分、本カップリングについては二次創作が盛んに行われているようだが、現時点ではお互いに恋愛要素は一切ない。ラクツもあくまで警視としての調査のためにファイツをナンパしているだけである。

本誌未読の人はあまり二次創作に囚われないように気をつけよう!

関連イラスト

捜査のために
使命を抱いて


なにを考えている
指トン



関連タグ

ポケスペ ラクツ  ファイツ

キョウメイカップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクファイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 812817

コメント