ピクシブ百科事典

ラビオレプス

らびおれぷす

「ラビオレプス」はビデオシステムが1987年に販売したシューティングゲーム。
目次[非表示]

ストーリー

宇宙暦6809年、平和な王国「バニーランド」に突然、異星人の攻撃が開始された。異星人は驚異的な科学力と妖術を誇り、王宮にまでその魔手を延ばした。
王宮に進入した敵戦闘機は、国王、王女、王女の妹の三人を連れ去ってしまった。
すぐさま王家特殊戦闘メカ「USAGI」が出動。しかし敵戦闘機は大気圏を離脱、母船へと………。
こうして、「USAGI」の人質救出のための激しい戦いが始まった。
情報によれば異星人のボス「妖魔王」は三千年も生き続けている化物らしい。
果たして「USAGI」は「妖魔王」を倒して人質を救出できるのか。
(「ラビオレプス」販促用小冊子より)

概要

ラビオレプス


「ラビオレプス」はビデオシステム1987年に販売した業務用横スクロールシューティングゲーム。2P同時可能。海外では『Rabbit Punch』のタイトルでバリー・ミッドウェイ社がライセンス販売していた。

8方向レバーにビームボタンとミサイルボタンを用い、ビーム攻撃は近い敵に対してはパンチ攻撃に変わる。ミサイルは残弾制で敵を追尾する。
地上に降り立っているときはレバー下でしゃがむことが可能。また、しゃがみ状態からすばやくレバーを上に入れると急上昇できる。

ライフ制&残機制であるが、残機を失っても新たに自機が出現する訳では無く、そのままやられた位置で復活するという(やられると地上へ落下するが)珍しいシステムを用いている。

プレイ動画


関連タグ

ビデオシステム シューティングゲーム うさぎ

pixivに投稿された作品 pixivで「ラビオレプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント