ピクシブ百科事典

ラーダーラーニー

らーだーらーにー

ラーダーラーニー(Radharani)とはインド神話に登場する女性。
目次[非表示]

名前

単にラーダー(Radha)と呼ばれることが多い。ラーダーはサンスクリット語で「成功」や「繁栄」を意味する。

ここではインド神話に登場するラーダーについて解説する。

概要

クリシュナが愛した牧女(ゴーピー)たちの一人。クリシュナがヴィシュヌの化身であるように、ラーダーはヴィシュヌ神妃ラクシュミーの化身とされる。
ちなみに、クリシュナの正妻であるルクミニーもラクシュミーの化身である。

ラーダーはクリシュナの恋人であり、『バーガヴァタ・プラーナ』で描かれた二人の恋愛は人と神との関係の象徴とされた。ふたりの関係を官能的かつ濃密に描写した『ギータ・ゴーヴィンダ』の著者ジャヤデーヴァはバクティ(神への熱烈な愛)運動の聖者とされる。

クリシュナとラーダーはしばしば並んだ形で像が祭壇に祀られ、その形式はラーダークリシュナと呼ばれ、ラーダークリシュナンという苗字の語源となった。

関連タグ

ヒンドゥー教

pixivに投稿された作品 pixivで「ラーダーラーニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 531

コメント