ピクシブ百科事典

概要

インド神話に登場する豊穣と繁栄を司る女神
一説によればアーリア人のインド進行以前に崇拝されていた女神とされる。

ヴィシュヌの神妃といわれており、ラクシュミーの別名として用いられているが、本来は全く別の存在であったとされており、仏教に取り入られて吉祥天となったという。

関連項目

ラクシュミー インド神話 吉祥天 女神

関連記事

親記事

ラクシュミー らくしゅみー

兄弟記事

コメント