ピクシブ百科事典

レプトセファルス

れぷとせふぁるす

レプトセファルスとはウナギやその近縁の魚の稚魚のことである。

概要

レプトセファルス(レプトケファルスとも)とはウナギ等の幼生(稚魚)を指す呼び名で、透明で木の葉のように平たい形をしている。海流に乗って遠くまで移動するのに都合の良い形に進化したものと考えられている。ウナギのレプトセファルスが海で成長したものがシラスウナギであり、川を遡ってウナギになる。

ウナギやハモのレプトセファルスは5cmくらいだが、ソコギスの仲間には幼生で1.8mというものも見つかっている。成体になると30mにも……とかなりそうだが、これ以上サイズは成長しないらしい。逆に縮むこともあるとか。

食性

口の構造が捕食に向かないことから何を食べるのか長年謎だったのだが、近年の研究でマリンスノーであるとわかってきた。これにより人工飼料による飼育が実用化され、採算度外視であれば完全養殖もできるようになったが、手間暇がとんでもなくかかってしまうので、完全養殖ウナギが店頭に並ぶのはまだまだ先のことになりそうだ。

関連記事

親記事

ウナギ うなぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レプトセファルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント