ピクシブ百科事典

ヴァルドレット・アイヴォンホー

ばるどれっとあいぼんほー

成田良悟・著のライトノベル『ヴぁんぷ!』の登場人物。メイン画像左端の少年。
目次[非表示]

成田良悟著のライトノベル・『ヴぁんぷ!』に登場する吸血鬼

概要

通称は「ヴァル」。
複数の吸血鬼から血を与えられメルヒルムによって作られた、ある植物の吸血鬼。
名前は各吸血鬼の頭文字を取ったもの。
元々はヴォッドの配下だったが、事件の流れから離反、現在はバルシュタイン城に滞在。
III巻において、本体を砕かれ、とっさの本体としてグローワース島と一体化してしまった。

人物像

その生まれた過程から実に自我(魂)が不安定。
自分の本当の姿を見るのも、他人から見られるのもかなり苦手。
デフォルトの姿は少年。
姿によって性格・一人称が大きく変動するのも特徴。
好物は水と酸素と日光。島と一体化してもそれは変わらない。

特性

【能力】幻覚(眼のない者・鏡やカメラには無効)。念力。日光がエネルギー源。
【弱点】(気の持ちようで何とかなるらしいが)本体を砕かれると、まともに自分の存在が保てない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァルドレット・アイヴォンホー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント