ピクシブ百科事典

一撃の剣

いちげきのつるぎ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドDLCにて追加される道具兼武器
目次[非表示]

概要

神獣の頭を象った刀身に紙垂(しで)が垂れ下がった、如何にも祀りで使われそうな道具。

剣なのだが、とても切れるようには思えない歪な形をしている。
だがこの剣は凄まじく両極端な性能を有しており、一度手にするな否や生命力をごっそりと持って行かれ、僅かハート一つの4分の1(HP1)にまで低下し、どんな攻撃でも一撃で死ぬオワタ式というスペランカー並みの虚弱体質と化す。

何を食べても一瞬で剣に吸収されるというグルメ漫画の再生の種的なシステムであるため、どんな料理を使っても意味が無い。

その代わり、刀身が光っている間にこの剣でぶん殴れば、どんな敵でも一撃で倒せるという、諸刃の剣とも呼ぶべきチート性能を発揮する。

使用回数は二回で、一定時間で回復する。

一撃の試練

前述のオワタ式で挑む、DLC第二弾最初の試練。

貧弱体質に加え、他の近接武器は没収され、英傑の加護も封印されたうえで、始まりの台地に指定された4箇所に居る多数の魔物を全て倒し、出現する祠を攻略していくという簡潔な試練。

基本的に一撃の剣をもってすれば白銀だろうがワンパンで倒せるため、一見簡単に思えるのだが、チャレンジ中は霧で視界が悪化し、地上から空中まで敵が網羅、トゲや爆弾なども嫌らしい位置に配置され、尚且つ全てが即死要素となっているため、初見で剣一本で無傷で行くにはかなりの視野とスキルが求められる。

オマケに追加される祠も一撃死であることを利用した仕様となっており、まず何度かリトライするハメになる。

試練を止めたければ台地から降りるなりすれば解除される。

ちなみにこのチャレンジは一回きりであり、再びプレイするには再ロードするか新しいアカウントを作成し、再び神獣を全て解放しなければならない。

関連タグ

ブレスオブザワイルド
オワタ式とは:一撃で死ぬ状態で縛ってプレイする手法、または死にかけの状態。詳しくはニコニコ大百科で検索。

スペランカー マスターバイク零式 ワンパンマン



  • 余談
圧倒的な性能であるが故に海外改造勢から狙われない筈もなく、一部ではボスやライネルに試し斬りするプレイヤーが存在する。
無論白銀ライネルだろうがカースガノンだろうがワンパンであるため、こんなものが常時解放されたらゲームが崩壊するという現実とチート性能を見せ付けた。

↓下記バレ(攻略済み後推奨)










 
(._.)φ ready






実は没収されるのは剣などの近接武器や加護のみであり、他のモノは使用出来る。
弓矢は普通に使えるため、言ってしまえばバクダン矢はおろか、お馴染みのチート兵器である古代兵装・矢と弓を持っていれば遠距離から楽に攻略出来る。

他にもどう考えても調整ミスなのではという試練がこのDLC『英傑たちの詩』には存在するが、前向きに考えればバイクを手に入れる近道と考えられる。

もっとも剣一本で縛るか、仕様に気付いて弓矢でボコるかはプレイヤー次第なので、その点は好みに応じたスタイルで。

コメント