ピクシブ百科事典

三平方の定理

またのなをぴたごらすのていり

「直角三角形の斜辺の長さの2乗は他の辺の2乗の和に等しい」という数学上の定理

概要

紀元前400年以上前にギリシャの数学者ピタゴラスによって発見される。それ以来、測量や建築といった応用分野のみならず、基礎数学の研究の中でも大きな役割を果たしてきた。

なお、我が国の初等・中等教育では表題の通り「三平方の定理」と教えられるが、大学では「ピタゴラスの定理(Pythagorean theorem)」と呼ぶよう矯正される。この心変わりは、いたずらに教育者への不信を煽るばかりで何の用にも立たないと筆者は愚考するが、いかがであろうか。もっともこれは戦時中の言い換えが原因らしく、「三平方の定理」のほうが派生語なのであって、「ピタゴラスの定理」のほうが学術的には正式用語であることが、事態をややこしくしている。

なお本定理は、角度についての一般化バージョンが高校で習う余弦定理(cosine formula)の直角三角形における特殊形である。さらに指数を一般化したものがフェルマーの最終定理である。詳しくは下記外部リンク参照。

外部リンク

ピタゴラスの定理 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「三平方の定理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1701

コメント