ピクシブ百科事典

乱場月歩

らんばつきほ

乱場月歩とは レッドアイ小説やレイワプロジェクトなどに登場しているキャラクターの名前である。
目次[非表示]

概要

乱場月歩 とは イギリスと日本のハーフである。
レッドアイ小説やレイワプロジェクトの作品に出てくるキャラクターで、
通称エロ生命体として親しまれている。
作中では、イギリス人らしさな表情も少々見せており
日本育ちであるせいなのか 日本らしさのがこく
モデルになった本人は紅茶を1日8杯ほど飲んでいる。

プロフィール

出演作品  レッドアイ小説
性別    メス
誕生日   3月11日
出身地   イギリス
身長    164㎝
体重    48㎏(本人許可を得ている)
特技    特にない
好きなもの 紅茶を飲むこと
嫌いなもの 金

人物

非常に大人しい性格でありおちょこちょいで内気な性格の人物で、
何かとエッチィ雰囲気を醸し出すようなことをするキャラクターである。
また、ドジで意外と頼りないが
頑張って行動しようとする姿にファンの間でも人気であり
新聞部元メンツからも愛されるキャラクターである。
そしてモデルになった張本人どうよう 視力はそこまで良くないため
たまにメガネ姿を目撃することもあったり
また、インドアなため意外とはやりを知らなかったりする。



経歴

乱場月歩とは
母親 能勢鹿乃 は夫 乱場博之 との間に生まれた
イギリス人と日本人のハーフである。
彼女は日本で産まれ生まれてすぐ 能勢鹿乃 乱場博之から手放され
コインロッカーの中に捨てられていた
また、オムツに名前を名付けられミルクも備えられていたことから
愛情はあったとみられている。

また乱場博之に関しては育て親である父親の実の弟であることが分かっており
偶然ながら同じ苗字になった。
乱場月歩は東京生まれイギリス育ちで6歳以降は日本栃木県育ちになっている。

コインロッカーで保護され施設で育つも
「うん、きっと皆理由があったんだよ」というとても賢いしこうを見せており
また、彼女はその後1度引き取られ数年たち施設の保護から抜けると
イギリスへ旅たちイギリスで新しい家族3人と暮らしていたが
何かふっきれたものがあったらしく 母親から精神的虐待を受けた
そのご教育機関にばれイギリスの施設に預けられたのち5歳の終わりくらいの頃
最後の育て親である家族と出会いイギリスに1年滞在しそのまま転勤にて
日本へやってきた。

本人の記憶には日本からイギリスへ行った記憶は全くなく
初めての飛行機にとてもウキウキしていたようだった。
それから7歳までは幸せな生活を送っていたが
父親の会社が倒産し母がリストラにあい借金地獄となってしまい
ヤクザなどに追い掛け回される日々を歩んでいた
そんな彼女の趣味は「夜逃げ」と心から当時は言っていたようだ。

そのご近所にできた友達夏鈴と仲良くなり
よく遊ぶようになったが当時はあまり日本語が話せなかったらしい。
また飛行機や入学の違いや1年の補正時間の為夏鈴とは2歳年上だが
同じ学年である。
9歳になったころ借金取りにつかまり母親が連れていかれそうになり
それを抑えに行こうとする月歩は振り払われたまま頭を強打し病院に運ばれていたようだ。
病院に運ばれた理由としては
それを見ていた夏鈴が警察に追放したことがきっかけで
夏鈴もまた虐待を受けていたため二人は仲良く養子縁組となった。
しせつには半年ほどおり、古崎白露と施設は支援関係にあり
その影響から二人を引き取ることになった

その後は幸せに生活していたが
企業秘密にされているため理由は書けないが
古崎白露は母親の権限を奪われることになった
それが月歩は12歳の頃だった。
また同じ屋根の下古崎深雪 古崎若葉 古崎勇ともともに生活し
古崎夏恵ととも前々からの知り合い関係があった。
部室にもよく顔を出していた二人はとても仲良しである。

その後母親権を略奪された古崎白露から白露の従妹とその祖母が住む家に
引き取られたが夏鈴はとてもかわいがられているのに対して
白人差別を受けた乱場月歩は
掃除や洗濯洗い物をさせられ
掃除しているところにものをこぼすなどの嫌がらせ奴隷的扱いをしていること
また何かあれば踏みつけたりなどと言う行動に見かねた夏鈴は
様々な施設に相談するも取り合ってもらえず
警察も相手にしてくれなかったことから
月歩の手をひき
その家の屋主である父の貯金箱から数十万をくすみ
家出を実行した。

家出を実行した理由は そのころには様々な理由があり
また、母親権を奪われてしまってもいたため若葉は祖母の家にいたのと
深雪【姉】に父親が無くなっており
家出を実行する1か月前に白露は他界していたがため
頼り口を失くしていたことが原因である。


家出を実行し徒歩と少しの交通機関を利用し3か月後に
東京へたどり着いた
その後1か月ちょっと東京都内をうろつき月歩は突然消息不明となり
姿を消した、それは ハイドビハインドにて少々磯野音凌の発言に過去が語られている。
また無理やり国内から出されとある国にて人身売買された後
酒とエロと血なまぐさい世界で生きた彼女にはあまりにも悲惨な過去としか言えない。
薬を利用し調教を行われた後遺症を残し今では強くフラッシュバックを起こすことも多くある。
また、
銃の引き金を何度ひいてきたのかわからないというほどの彼女は仕事がらもあり
今では部室のメンバーが喧嘩して血をこぼしてもその血の跡処理も
滲みぬ気も手際よくやり 華麗な運動神経は全くなく クソエイムとしても有名だが
彼女の特技は 丑干支であることと它干支である血筋なすえに
ハイドビハインドでも歌われている

「エイムとか僕は知らない ゼロ距離で弾が出るなら 十分だ僕の仕事は思い出せあの日を」
という歌詞のままに彼女は至近距離攻撃を得意とし懐に入られた場合
かなり危険である。
そんな彼女は訳ありにて施設に買い物に来た闇商品となったのち
可哀想と購入した男性と結婚した

彼女自身も結婚するも彼のことは好きだようだ。
英語も日本語もあまり出来ない乱場月歩に日本語の資格を持つ夫は
とても優しく接していたが子供が出来るとともにDVが始まり
腹を殴るなどが繰り返され月歩はそのまま身の危険を暗示助けを求めたが
恐怖心や今までの日常からの背景に上手く助けを呼べなかったと聞いている。
また近所に住んでいたダリア【ダーニャ】とは深い中であったが

悪まで買われたというだけで施設との関係は切れず夜は
施設に戻りその夫が払えなかった分の金を用意していた

その結果最後の仕事のターゲットはダリアの夫で
ダリアは月歩の事情を一切知らなかったが故恨みを買ってしまった。

その後月歩は妊娠を安定期を迎えるも夫のDVが激しくなり
逃げ出すように家を抜け出し
片言の英語と日本語を頼りに 隣町まで逃げ出すと
ストレスからか駅のトイレで早産した。

また親と同じ道をたどるようにロッカーへと子供を洗いしまい込み
金をおいてその場を逃げるように立ち去り
家に帰ると子供がいないからとさらに暴力は止まるところを知らなかった
ついに月歩は自らの意思を決し
消息不明に行方不明となった。


その3年後
夏鈴と共にいるとこが目撃されたのが日本だった
その間の事については本人は口を開くことはない。
また、現在ではダリアとかしっかり仲良く中とよりを戻している。
そして彼女は共に語るのは
「銃で死ぬ覚悟が無いなら銃を握るなよ」という言葉にファンの間でもとても重く受け止められている。

ただ、今では明るくどうにか振りまく彼女に周りのリスナーは心配に目を離せない様子だが
だからこそだろうか愛されているようにも思う。

関連記事

親記事

レッドアイ小説 れっどあいしょうせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「乱場月歩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5770

コメント