ピクシブ百科事典

伊頭遺作

いとういさく

elf製の18禁アダルトゲーム『遺作』に登場している人物。
目次[非表示]

概要

ボサボサ頭に無精ヒゲ、上下薄汚れたジャージ姿、汗が染み込んだ使い古しの黄色いタオルを常に首に巻いた、何とも気持ち悪い外見のおやぢ。
その外見に違わず陰気かつ捻くれた性格の持ち主で、猜疑心が強く非常に口が悪い。
桜蘭学園の用務員として働いているが、密かに覗き・盗撮を行っているなどの黒い噂が絶えず、外見と性格の醜さもあって、周囲から(特に女子生徒)は蛇蝎の如く嫌われている。

人物像

その正体は、代々鬼畜たることを宿命付けられた一族「伊頭家」三兄弟の長男。
兄弟の中でも残忍・残虐さでは群を抜く恐るべきサディストであり、目的の肉壺を得るためなら手段は択ばず、強盗・強姦・暴行など、犯罪らしい犯罪は何でもやって来た鬼畜外道。
更に、目的の邪魔になると判断した相手や陵辱済みの女性を口封じ兼楽しみのために殺害することを厭わず、まるで虫けらでも潰すかのように惨殺してしまう。

また、腹黒そうな雰囲気ながら、思い通りにならない相手や自分をバカにする相手には容赦がない激情的な一面を持ち合わせており、気に入らないと直ぐに暴力に訴えることも多い。
上記の通り基本的には野性的な勘と暴力で獲物を追い詰める肉体派だが、「用務員」という立場を得て学校に潜り込む・獲物を旧校舎に誘い込み闇に紛れて追い詰める・現場の旧校舎に「狩り」を楽しむための趣向を凝らすなど、下準備に抜かりのない狡猾な一面を見せる。

シリーズでは唯一主人公ではなく「敵役」としての登場であり、アドベンチャーパートで本性を露わにして主人公&ヒロイン勢を追い込んでくる様は正しく恐怖のハンターである。
ルートによっては主人公が「性的」に襲われたかのような描写から両刀使いである可能性も高く、その底知れなさと恐ろしさは三兄弟随一と言える。

…ただし、自分のやり方に有利な環境へと相手を追い込むまでの手並みは見事な一方で、相手からの反撃を余り想定していない面が見受けられ、いよいよ自分が狩る段ともなれば相手を無力な獲物と断じて油断が生まれ、有利な状況そのものにあぐらをかいてしまいがち。
また、その粗暴で傲慢な性格がこの欠点に拍車を掛けており、反撃を受ければ受けるほど自分が逆に追い込まれていることを認められず、これが原因で最終的に敗北・自滅している。

この点は知能プレーで弱みを握ることで相手の反撃を封じたは良いものの、下準備や対策が今一つ甘かった弟の臭作とは長所・短所両面で対照的とも言える。
このため、末弟・鬼作からは「本質は見栄とプライドの塊」「結局最後は暴力と勢いだけ」と否定され、反面教師にされてしまっている。

関連タグ

遺作
伊頭臭作:弟・次男。遺作とは対照的に狡猾で卑劣な知能犯。
伊頭鬼作:末弟。「気弱」「ノロマ」と蔑み、苛烈な暴力を加えていた。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊頭遺作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 495

コメント