ピクシブ百科事典

僕僕先生

ぼくぼくせんせい

中国唐代を舞台にしたファンタジー小説。作者は仁木英之
目次[非表示]

作品解説

王弁と僕僕が中国唐代の諸国を回りながら、事件に巻き込まれたり、厄介事を解決しながら旅をするお話。

登場人物

主要人物

僕僕先生たち

・僕僕
なかなかの腕前を持つ仙人。調薬を専門にしており王弁を弟子にとり、教えを説いている。普段は十代の半ばほどにしか見えない少女の姿をしているが、白鬚の老人や医者に姿を変えることもできる。仙人のため出身地や年齢・性別は不詳。酒好き
 以降は僕僕先生と表記する
・第狸奴
 なんにでも姿を変えられる生き物。得意なのは家みたいに動かないもの。僕僕に懐いているが、旅を重ねるうちに王弁にも懐くようになる。
・王弁
 22歳の男性。作品の初めでは父である王滔の脛をかじる(いわゆるニート)であった。しかし僕僕先生と出会い、共に旅をするようになってから少しずつ変わっていく。
・吉良
 僕僕先生が空や時を超えられない王弁のために買い与えた馬。普段はボロボロの痩せ馬だが、あることをすると真の姿を表すようになる。人の言葉を理解することができ、ときに話すこともある。
・薄妃
 男に恋をして、彼と情事を重ねるために死人の体を借りていた。僕僕先生がそのことを見抜いた。その後僕僕先生と旅を共にするようになる。普段は皮1枚。

皇帝など

・玄宗皇帝
 
・劉欣
 皇帝直属の暗殺組織「胡蝶房」の有数の殺し屋。異様に長い手足、骸骨のような容貌をしている。王弁と僕僕先生の命を狙っている。
・司馬承禎
 宮殿の中に住む仙人。僕僕先生のもとへ弟子入りをしようとしたが断られている。
・那那と這這

神様・仙人

・河伯
・麻姑
・蔡経
・魏夫人
・燭陰
・耕父
・刑天
・西王母
・炎帝
・黄帝
・魃

その他登場人物

・王滔
・碧水晶
・茶風森
・ラクス

出版

僕僕先生―ぼくぼくステーション―

pixivに投稿された作品 pixivで「僕僕先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2965

コメント