ピクシブ百科事典

概要

寺院で修行する僧侶が寝泊まりする建物。「僧坊」とすることもある。
日本の古代寺院では伽藍の南側にある建物を僧侶が修行とする講堂とし、「東室(ひがしむろ)」・「北室(きたむろ)・「西室(にしむろ)」を「僧房・僧坊」とした。

また、近年では寺院近くにあり、一般観光客が宿泊する宿舎を「僧房・僧坊」とするところがある。

関連タグ

寺院  宿舎

関連記事

親記事

寺院 じいん

兄弟記事

コメント