ピクシブ百科事典

六道烈火

りくどうれっか

六道烈火とは、炎邪使い共通のロマン。異論は認めない
目次[非表示]

ヂェストォォォォォォォォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!

概要

初出は風間火月初登場となった「サムライスピリッツ天草降臨」から。
剣質「羅刹」を選ぶと使用できる技で、この頃から既に「SNK最強のロマン技」と呼ばれていた。
後に「サムライスピリッツ零」で火月と炎邪が別々のキャラになった際には炎邪にこの技が引き継がれた。

性能

3回コマンドを入れて完成する、いわゆる「連続入力技」で草薙京溝口誠(ちなみにコッチが元祖)も持つ主人公らしい技。
だがその性能はお世辞にも主人公性能とは言い難い
まず炎を纏った状態で上段ガード不能のスライディング「地獄道」を放ち、そこから相手を壁へと叩きつける「餓鬼道」で吹き飛ばす、そして戻ってきた相手へ畜生道>修羅道>人道>天道へと自動派生する3回目の入力を成功させると、全体で7割~即死と言うダメージを叩きだす。
だが、それだけではロマン技たり得ない。では何故この技がロマン技と呼ばれるか。その理由を記すと…

  1. そもそも最初の地獄道が連続技にし難いほど出が遅いうえに、ガードされると反撃確定
  2. 3回目の入力を入れなくてもOKではあるが、それではダメージが雀の涙
  3. 3回目の「畜生道~天道」は成功させるための猶予フレームがわずか1F。ちょっとでもずれると全くダメージを与えられない上に、莫大な隙を曝す(通称:ぐるじお)。

…と言う具合である。
じゃぁ他の技で戦えば良いじゃないかと言われそうだが、そもそもにして羅刹・火月や炎邪にはこれ以外にまとまったダメージを与える手段が皆無(無いわけではないが、他のキャラに比べるとはるかにリスキー)。

しかしながら、成功時の「ヂェストォっ!!」の気合の入った雄たけびとド派手はエフェクトから、あわよくば狙って行くプレイヤーは後を絶たず、今日もどこかのゲーセンでは「ぐるじお」>「勝負ありっ!!」、もしくは「ヂェストォっ!!」>「勝負ありっ!!」のドラマを繰り広げている。

その影響

「追加入力のタイミングはシビアだが、決まった時の爽快感・ドラマ性は抜群」と言う技は後に複数生み出された。
なかでもフィオナ・メイフィールドのそれは「メイ道烈火」と呼ばれるほどで、技構成が完全に六道烈火のソレである。
他にもラルフ・ジョーンズKOF2002UMで、MAX2超必殺技として「ギャラクティカバンガード」を搭載。こちらは追加入力をしなくても大ダメージだが、追加入力のタイミングがジャストなら即死

関連動画


順に「成功>失敗(良くある光景)>条件付き」


どんなに詰みに近いカードであっても、ワンチャンアレバカテルー

pixivに投稿された作品 pixivで「六道烈火」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11715

コメント