ピクシブ百科事典

刈萱(駆逐艦)

かるかや

大日本帝国海軍の駆逐艦の一つ
目次[非表示]

概要

若竹型駆逐艦の8番艦。同型としては最後にあたる。
日米開戦時、外洋航行性能に劣る樅型(準同型艦)は大部分が哨戒艇や雑役船に転籍していたが、若竹型は多くが駆逐艦籍に残され、不向きな船団護衛に従事した。

詳細はWikipedia参照


艦歴

1922年
5月16日
起工。
1923年
3月19日
進水。進水時の名称は第十八駆逐艦。
1924年
4月1日
名称を第十八号駆逐艦に変更。
1928年
8月1日
計画名ではなく艦名「刈萱」が与えられた。(若竹呉竹早苗早蕨朝顔夕顔芙蓉も同様)
1937年
7月7日
日中戦争勃発。華南沿岸の諸作戦に参加。
1941年
12月8日
日米開戦。船団護衛に従事。
1944年
5月10日
「ミ03船団」を護衛中、ルソン沖にて米潜水艦コッドの魚雷が2本命中し沈没。
7月10日
除籍。

諸元

基準排水量820t
全長83.8m
全幅8.08m
機関出力21,500馬力
最高速力時速35.5ノット
乗員110名
兵装12.0cm単装砲×3
 6.5mm単装機銃×2
 53cm連装魚雷発射管×2


関連タグ

駆逐艦 若竹型
若竹(駆逐艦) 呉竹(駆逐艦) 早苗(駆逐艦) 早蕨(駆逐艦) 朝顔(駆逐艦) 夕顔(駆逐艦) 芙蓉(駆逐艦)

コメント