ピクシブ百科事典

若竹(駆逐艦)

わかたけ

大日本帝国海軍の駆逐艦の一つ。
目次[非表示]

概要

若竹型駆逐艦の1番艦。
日米開戦時、外洋航行性能に劣る樅型(準同型艦)は大部分が哨戒艇や雑役船に転籍していたが、若竹型は多くが駆逐艦籍に残され、不向きな船団護衛に従事した。

詳細はWikipedia参照


艦歴

1921年
12月13日
起工。
1922年
7月24日
進水。進水時の名称は第二駆逐艦。
1924年
4月1日
名称を第二号駆逐艦に変更。
1928年
8月1日
計画名ではなく艦名「若竹」が与えられた。(呉竹早苗早蕨朝顔夕顔芙蓉刈萱も同様)
1941年
12月8日
日米開戦。船団護衛に従事。
1944年
3月30日
パラオ大空襲に際して、脱出を図るパタ07船団の護衛についたが、パラオ湾口3km沖にて爆弾4発の直撃を受け15秒で沈んだ。
5月10日
除籍。

諸元

基準排水量820t
全長83.8m
全幅8.08m
機関出力21,500馬力
最高速力時速35.5ノット
乗員110名
兵装12.0cm単装砲×3
 6.5mm単装機銃×2
 53cm連装魚雷発射管×2


関連タグ

駆逐艦 若竹型
呉竹(駆逐艦) 早苗(駆逐艦) 早蕨(駆逐艦) 朝顔(駆逐艦) 夕顔(駆逐艦) 芙蓉(駆逐艦) 刈萱(駆逐艦)

コメント