ピクシブ百科事典

早蕨(駆逐艦)

さわらび

大日本帝国海軍の駆逐艦の一つ。
目次[非表示]

概要

若竹型駆逐艦の4番艦。
日米開戦時、外洋航行性能に劣る樅型(準同型艦)は大部分が哨戒艇や雑役船に転籍していたが、若竹型は多くが駆逐艦籍に残され、不向きな船団護衛に従事した。

詳細はWikipedia参照


艦歴

1922年
11月20日
起工。
1923年
9月1日
進水。進水時の名称は第八駆逐艦。
1924年
4月1日
名称を第八号駆逐艦に変更。
1928年
8月1日
計画名ではなく艦名「早蕨」が与えられた。(若竹呉竹早苗朝顔夕顔芙蓉刈萱も同様)
1932年
12月5日
台湾海峡の基隆北方を荒天航行中、横波を受けて一瞬の内に横転、沈没した。上部重量増加による復元性悪化が原因とされるが、物資の過積載が原因ではないかという説もある。
1933年
4月1日
除籍。
若竹型の中では太平洋戦争はおろか、日中戦争にも参戦していない唯一の艦である。

諸元

基準排水量820t
全長83.8m
全幅8.08m
機関出力21,500馬力
最高速力時速35.5ノット
乗員110名
兵装12.0cm単装砲×3
 6.5mm単装機銃×2
 53cm連装魚雷発射管×2


関連タグ

駆逐艦 若竹型
若竹(駆逐艦) 呉竹(駆逐艦) 早苗(駆逐艦) 朝顔(駆逐艦) 夕顔(駆逐艦) 芙蓉(駆逐艦) 刈萱(駆逐艦)

コメント