ピクシブ百科事典

夏(信長のシェフ)

なつ

「信長のシェフ」に登場する人物。
目次[非表示]

概要

京都に住む刀鍛冶職人。京都一になるべく励んでいる。
元気で明るい性格で、口調は荒いものの真っすぐな心の持ち主。兄がいたが両親も揃って戦で亡くなっており、天涯孤独である。

男として振る舞っているが、実は男装とした少女。
理由は刀鍛冶の女神として司る金屋子神の嫉妬を買わないようにする為で、婚姻を結ぶまでは未通の身。

川辺で間者として嫌疑をかけられていた二人を偶然に発見し、唯一生き残ったケンを救出する。
数ヶ月はケンと共に暮らし、刀の商売ではなく料理売りを手伝っていた。
後に信長に目をつけられたケンに自ら制作した包丁を託し、一旦別れる。

ケンが出世してからは信長の配慮もあり、岐阜へ移住。
刀鍛冶として腕を振るい、彼の使う調理器具を制作する。ケンにとっては心の拠り所であり、互いに惹かれ合っていく。
しかし、ようこの存在を知りショックを受けて彼の本来の居場所に苦悩する。

ドラマ版。

演出は志田未来。
原作とは違ってケンの助手的なポジションで、原作以上に登場シーンが多い。
ドラマ版では料理下手であるが、原作では雑炊を作りケンに好評価を得ている。

関連タグ

信長のシェフ

コメント