ピクシブ百科事典

織田信長(信長のシェフ)

おだのぶなが

「信長のシェフ」に登場する人物。

概要

天下統一を目指す武将。
京都の民達の心を掴んだ料理人であるケンに興味を抱き、強引に連れ帰って料理頭に召し抱えた。
勇猛果敢で冷酷。戦国時代に終止符を打ち、国を一つにまとめて新しい世を作ることを目標としている。

優れた策謀家で時代の中でも常識を外れた革新性な思想を持つ。人を扱う才能も発揮しており、この強いカリスマ性は多くの武将や家臣達を魅了しているが、一部で間者が紛れこんでいる為に口数が少なく理解ができずに困惑する者も実在する。

強引で何事も自分で決めなければ気が済まない性分であるが、信頼している人物には大体のことは任せている。
現にケンを妹のお市への奪還や徳川家康には使者として送っており、お市はそれを知って驚愕している。

甘党で濃い味が好き。を嗜み、南蛮の文化に関心を寄せている。
一度信頼した相手には疑念を抱くことはないが、裏切られたときは激昂する。
意外と寂しがりやな一面があり、一度は暇を与えたケンが再び戻ってきたときは不器用ながらも喜んでいる。

ちなみにケンを料理頭にしてからは舌が肥えており、彼が武田信玄側に誘拐されたとき代行していた料理番達は大変な目に遭っていたらしい。
料理頭であるケンに多くの権限を与えている。

ドラマでは及川光博が好演した。

関連タグ

信長のシェフ 織田信長

コメント