ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

天ぷら日和

てんぷらびより

ニコニコ静画にて掲載されているオリジナル漫画。作者は「わたら」氏。
目次 [非表示]


新・秋葉原クリエイティ部 作で ボイスドラマ化されている


概要

天ぷら日和は、漫画投稿サイト「ニコニコ静画」にて掲載されているオリジナル漫画。作者はわたら氏。

なおpixivへの掲載はなく、このタグでの投稿イラストはすべて他のユーザーによるファンアートである。


あらすじ

 食用人魚が当たり前に流通している世界。

 近所の福引で食用人魚を当てた人魚を食べられない青年と、青年に結果的に飼われることになった食用人魚の日常漫画作品。「食用」と言いつつも基本シリアス成分はなく、日常のほのぼのとしたお話を展開している。



主要登場人物


佐伯淳也

 本作品の主人公。年齢は20代前半で、劇中で顔が描かれる描写はない。

職業は語られていないが普通の会社員。商店街の福引で食用人魚(4等)を当てるも、人魚を食べることができない為ななみを自宅で飼うことになった。


ななみ

 淳也が福引の賞品として持ち帰り、飼うこととなった食用人魚。識別番号は「773」で、佐伯梢の手によって語呂合わせで「ななみ」と命名された。主人公に自分を食べてもらいたいと思っており、様々な方法で自分のおいしさをアピールしている。主人公を佐伯と呼ぶ。


とある県の天海養殖所出身であるが、作者によると「何県」という部分は特に重要ではないらしい。

 

佐伯梢

 主人公の姉。年齢不詳。

 主人公と違い、食用人魚は食べられるらしい。時折主人公宅に弁当を差し入れに来るが、その弁当はとても食べ物とは思えない見た目をしている。そのため、ななみからは食材キラーとして恐れられている。


宝木

 食用人魚を救うという名目で、一人で「食用人魚保護協会」を旗揚げする。名目は立派だが 実質タダのニート。自宅で目に傷のあるスキュラの女の子を保護している。

 一見普通に見えるが、幼魚に興奮し鼻血を垂らしたりお兄ちゃんと呼ばせる変態。よく主人公の自宅にベランダ(おそらく2階以上)から不法侵入する。


父は大社長、母は脚本家、叔父は政治家とのこと。



高本さん

天海養殖所出身の眼鏡をかけた飼育員。ななみの「育ての親」。


お隣さん(雛元一家)

 主人公が住んでいるアパートの住人。

妻(?)やほかの住人の存在はいまだ確認されていないが、子供の「優」「ミヨ」がいる。


明戸

「スーパーシンセン」で働く女性従業員。おそらく大学生ではないかと思われる。


スーパーシンセンの店長

万引きを絶対に許さないという強い信念を持っており、日々鍛錬を続けている。


家守

「スーパーシンセン」で働く女性社員。 未婚という情報以外は不明。


他の人魚

※番号は食用人魚の識別番号。番号記載のないものは番号不詳。


光矢-みつや(328)

作中で珍しい、食べられたくないと思っている人魚。

本来ならエラー商品として処分されるところを、搬送中に自力で逃げ出し近くの池に身を隠した。

魚種は作中珍しく判明していて、カジキマグロらしい。頭には鋭利な角があり、その威力は計り知れない。海水魚なのに淡水で生きていられるのかという質問に対し、「心頭滅却すれば火もまた涼し」と答えた。

初めは人間との付き合いをできるだけ避けて嫌っていたが、とある事件がきっかけで佐伯家に棲むことになる。


深夏みなつ(372)

 主人公の実家で非常食として飼われている人魚。非常食として購入されたが、その役割を果たす日は遠い。主人公が人魚を食べられなくなった原因を作ったらしいが詳細は不明。

 暇な時間を本を読んで過ごしている為頭が良く、主人公をからかったり面白い発想をする。非常食歴が非常に長い為、食(べられたい)欲をごまかす方法に明るい。


モモ(100)

全体的に赤い人魚。魚種不明。

ななみ同様、おいしく食べれることを夢見ているが、CMに起用されたり、商品のパッケージにされることで有名になってしまい食べられない存在になりつつある。

普段は山田シェフという有名な料理家のレストランの水槽の中で過ごしている。


酒とたばこを吸った食用人魚

飼い主の悪ふざけで何も知らない人魚にたばこを吸わせたり飲ませたりされた人魚。命名はされていない。

そのイタズラ画像がネット上に投稿され、飼い主は「食べ物で遊ぶな」という理由で炎上したらしい。


半額お嬢様

「スーパーシンセン」で長年にわたり売れ残っている人魚。一体いつから売れ残っているのかは永遠の謎。

お嬢様のようなしゃべり方が特徴で、店員を使用人と呼んだりしている。

96話にて、作者の公式名称で半額令嬢となっている。



目つきの悪い人魚

同じく「スーパーシンセン」で販売されている人魚だが、目つきが悪いせいでなかなか買ってもらえない。曰く売れ残り歴二年半。

お嬢様同様、作者の公式名称で死んだ目となっている。



わたがし

同じく「スーパーシンセン」で販売されている人魚。

お嬢様や死んだ目同様売れ残っている。

なぜ売れ残っているのかは今のところ不明。

名前の由来は自身の将来の夢を問われた際、綿菓子になりたいと答えた事。


泉名(127)

 モモの出演している魚肉ソーセージのCMに登場。CMではハイテンションなキャラになっているが、実際の私生活ではおとなしく声も小さい。

 作中では初めて生きた魚を捕食するという突発性を見せた。


スキュラ 月読 (2943)

 宝木が自宅で保護しているタコ?の人魚。

宝木をマスターと呼び、体にしがみ付いている。宝木のことは「少し変態だが優しい」という認識。自身のゲソはタコ焼きの材料にされる。


関連タグ

ニコニコ静画 WEB漫画 オリジナル漫画 一次創作 オリジナル

関連記事

親記事

オリジナル漫画 おりじなるまんが

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました