ピクシブ百科事典

目次[非表示]

安井曾太郎は大正~昭和期に活躍した洋画家である。

概要

1888年の京都生まれ。
1907年に津田青楓と共にフランスに渡欧。当時流行していたセザンヌの作品に強い影響を受けたと言われている。
その後第一次世界大戦の影響で帰国。帰国後はスランプに陥るが、「婦人像」の発表を機に脱出。1934年には代表作「金蓉」を発表した。
彼の西洋的写実に東洋の装飾性を加えた独特の画風は安井様式として知られている。

余談だが、広辞苑の表紙も手がけている。


関連タグ

画家

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

コメント