ピクシブ百科事典

富士冬也

ふじとうや

富士冬也とは、妖怪学校の先生はじめました!の登場人物の一人である。
目次[非表示]

『朝までそこで大人しくしてな』



概要


女装趣味の雪女(♂)
女装をしているがオネエでも男が好きなわけでもない。ただただ完全なる趣味でやっている。その為、言葉遣いや言動も男らしく、一人称も。そして女の子扱い/オネエ扱いしたり女/オネエと勘違いしたらキレる。

だが女装といえど元の顔が綺麗なために何も知らない者が見たら男だとは気付けずに完璧に女だと騙されてしまうくらい似合っているため、勘違いしてしまうのは仕方がないかもしれない。
なお自ら女性らしい仕草で相手を勘違いさせて、騙されている様子を愉しんでいる場合は例外の様。

女装に目覚めたきっかけは中学の時。
クラスメイトの女子に化粧の練習台と称して化粧と女装とヘアアレンジまでされてハマったとのこと。
その時した初めての女装は現在のロングヘアーとは異なるショートヘアー。女子たちからの評判もよかった。

また隣のクラスの弐組の担任で妖怪学教師の神酒凜太郎のことを気に入っており、度々セーラー服を勧めたりしているらしい。晴明からも気が合いそうと言われてあて、その時は
「ミキティー(神酒のあだ名)誘って女装バーでも開きてぇな!」
と笑いながら言っていた。

なお神酒からは苦手意識を持たれているが生徒だから邪険にできず悩まれている様子で、彼はこの富士の発言に対して一言
「しねーよ」
と返していた。


ドSな性格で綺麗な顔して口が悪いが友達想いで優しい。
またギャルのような一面もあり、その為か友達の9割が女子(その中の更に9割がギャル系)

基本的に焦ることなく冷静に状況判断が出来る、頼りになる存在。
頭は良い方で授業中の居眠りは多いが成績は良いらしい。


素の姿(男装?時)は少し長めで跳ねた黒髪のけだるげな王子様系の美形。アホ毛がふたつある。

1年の頃の文化祭で(酷くだるそうな)王子様役に抜擢されるほど整った容姿をしており、絶対にモテるが本人曰く本命は作らない主義らしい。


男だが妖怪雪女で吹き掛けた相手を凍らせるほどの冷たい息を吐く。
雪女である為に暑さに弱く、走りすぎたり暑すぎたりすると溶けてしまう。その為に自室は12月でも冷房と扇風機がガンガンかかっている。因みに溶けてしまった場合は冷やせば元に戻るらしい。

上記の理由か料理はできる方だが凍ってしまう。
(https://twitter.com/tanamai78/status/1032230251118510080?s=21より)


プロフィール

性別
誕生日12月22日
身長178cm
趣味女装
種族雪女(♂)
クラス百鬼学園 弍年参組



本編登場回


※基本単行本を元に記載。


実は初期設定ではいなかった富士。3話目のGF掲載時のクラス写真には描かれておらず、単行本1巻が出来る際に加筆された。
作者である田中まい先生の公式Twitterにその事が投稿されている。
https://twitter.com/tanamai78/status/887977279313256448?s=21


体育祭回


キャラが固まってから?初の登場。

3巻14話の泥田の借り物競争の際に泥田のよく知らないクラスメイト達のうちのひとりとして笑顔で描かれているのが初登場である。
その後は15話の騎馬戦にて座敷の先頭の騎馬として不敵に登場し、16話の障害物リレーにて晴明を応援するためにクラス全員でセーラー服を着る際、先程の騎馬戦の不敵な様子とは一変した満面の笑みでセーラー服を着て登場。同じ16話のラスト、体育祭優勝時の集合写真では満面の笑みに加えダブルピースで写っていた。


取材回。


体育祭後すぐの3巻17話。

不良のフリをして晴明をたてようとする泥田達に縛られる人質のうちの一人として登場。この時苦笑いを浮かべる他男子達とは違い、余裕の表情をみせていた。

また晴明が橋から落下しかけたマンドラゴラのマシュマロを助けるために何も考えず自らも落下しかけた晴明をクラス全員で助ける際に橋の上から入道を支える形で登場した。


惚れ薬回


柳田の薬のせいで桃山が全校男子生徒と教師陣からモテモテになって狙われる回。4巻20話。

なお富士が薬の影響で桃山を狙う姿は確認できていない。
まだメインとしての登場がなく女装について明らかになっていなかったからと思われるがその後の桃山のミスによって佐野が女子から下着を貰ってしまう現場を目撃した秋雨が参組の男子たちに呼びかけるシーンでは男子陣とともに怪しい顔でうつっているため詳細は不明。まだメインとして出ていないから、だと考えるのが妥当かもしれない。


動物妖怪誘拐事件回


後編の4巻22話にて誘拐された狸塚らと彼らを救いに行った晴明らを助けるべく来た参組の面々として不敵な笑みを浮かべて登場した。


化学テスト編


5巻28話の崖登りの際にクラスメイトの前田に乗る一部男子たちのうちの一人として登場。その後前田がバランスを崩し落下したことで富士も一度落下したと思われる。

おまけページ


28話2ページ目のおまけページ(妖はじキャラ㊙︎プロフィール その②)にて本名・誕生日・身長・秘密が明かされる。プロフィールについては上記プロフィール欄参照。


男子陣の恋バナ


崖登りを経て到着した旧校舎での就寝前、男子たちが恋バナをしている様子が描かれる。その際富士は太田の隣でうつ伏せになって顔を起こした状態で布団にくるまりながら話を聞いていた。


就寝


教師陣による恋バナ強制終了後、就寝。
佐野の隣の布団で綺麗な体勢で寝る富士が確認できる。
寝相は良い様子。


化学テスト①


不自然に失踪した1部のクラスメイト達を心配していると、突然流れた化学教師の秦中からのアナウンスにより本当の化学テストは崖登りではなく迫り来る魔の手(百鬼学園OBの妖怪たち)から逃げつつ旧校舎から脱出することであったと判明。

この時富士は攫われずに残っており、冷静に状況を判断しつつ
「入道も合わせてすでに10人いなくなっているようだな」
と話す。このセリフが(秋雨と同じコマであるが)富士個人としてちゃんと登場し、初めて話したセリフである。

そして秦中の化学テスト開始の合図を残りのクラスメイトと晴明と共に冷や汗を流しながら聞いていた。


化学テスト②



泥田の班に別れて探索しよう という言葉によりグー・チョキ・パー・ハートで4班にわかれることになり、富士はハートを選び晴明・佐野・狸塚と同じ4班にとなる。

そこで明確に名前(と言っても苗字のみ)が判明し、尚且つ富士が女装趣味であること、そのきっかけなどが明かされた。

ここから富士がメインとして登場しだすことになる。

突然現れたOB妖怪の脅かしにも動じず息を吹きかけ凍らせたことで妖怪雪女であることとその能力も明らかとなった。
この時
「富士くんなら雪男じゃないの?」
と尋ねる晴明に対して
「雪男は妖怪じゃなくてUMAだっつーの。ゴリラみたいなん」
と返していたことにより男だから雪男、ではなく雪女(♂)が正しいとも判明(?)した。


晴明たちと脱出を試み、捕らわれたはずの入道と合流。教師陣がいる放送室に入れないということを知ると
「いざとなりゃ放送室に強襲かけようかと思ってたのに」
と舌打ちをして苛立ちを顕にする面もみせる。

鍵を首から下げて生徒を翻弄しようと現れたねずみ先生に息を吹きかけ冬眠させ、鍵が偽物だとわかった際にはねずみ先生を食べる猫姿の秋雨の首根っこを苛立った様子で掴んでいた。

その後は冷静な状況判断で襲いかかるOBたちを撃退し度々晴明らを救うなど、知的で頼りになる面を見せる。
またOBのひとりに足を引っ張られ転ばされて捕まりそうになる秋雨に悪態をつきつつも助けたり、捕らわれた己を助けようとする秋雨を先に行かせようとしたり、合流した後に倒れたOBたちが鍵を持ってないか自分が探すから先に行けという泥田に対して
「俺も手伝うぜ!」
と言って共に残るなど、仲間想いな面も見られた。

※この時にクラスの男子たちとみんなで海に行って佐野をダシに使ってナンパしようという約束をしていた事が判明。
その約束を守るために誰か一人でも脱出しないといけない、と富士は泥田と共に残ることを決めて晴明たちを先に行かせたらしい。そうして誰も鍵を持っていないと確信すると二人は先に行った晴明たちと合流すべく先へ進んだ。


小古曽の素顔と正体回


いつも素顔を隠している上に無口なクラスメイトの小古曽が最近話題のCHIMIもうりょう’zのSAGURUであることが判明した回。6巻35話。

教室でノートを運んでいた小古曽とぶつかってしまい、散乱したノートを拾い集めていたところ小古曽が突然走り出してしまう。突然走り出したこと、ノートを置いていったことに怒りながら小古曽を追い掛ける富士だが小古曽を見失ってしまい、疲れた様子で息を整えつつ小古曽を探していた。
この時の富士の
「走ったら体溶けてきた」
という発言と様子から、暑くなると体が溶けてきてしまう事が判明した。


その後小古曽の正体を知った富士は同じく知った晴明と共に小古曽のどうやったらかっこよくなれるか、という悩みを解決すべく協力することになる。


この出来事がきっかけで富士と小古曽が仲良くなった。


東京回


東京へ遠足に行く参組だが晴明が迷子になってしまい、挙句の果てには火災にも巻き込まれてしまってみんなで捜索・救出する回。6巻36〜38話。

36話冒頭。
東京へ向かうバスでは小古曽と隣同士で座っていた。
ひとつのイヤホンを使ってふたりで曲を聴いていて、CHIMIもうりょう’zの曲を聴いているとみられる。

その後晴明の迷子が判明。
クラス全員で捜索することになり、小古曽と共に渋谷に向かうが学校の人達が近くにいないからと小古曽に被り物をとらせていたら小古曽に惹かれた人間たちに囲まれてしまう。
その場を切り抜ける為に舌打ちしつつ
「すみませ〜ん♡この人ウチの彼ピなんでぇ♡」
と小古曽に抱き着いて言った。
この時小古曽がどこからそんな声が、と怯えていたことにより富士が女子高生の様な女声も出せるということが判明した。

※怯えてる小古曽を膝で小突きながら
「いいから話合わせろやダボが」
と怒っていたため、ただの女装趣味なだけで女ではなくあくまで男の富士も本当はやりたくないと思われる。


一学期終業式


5巻39話冒頭にて
「長い一学期だったな」
と伸びをして登場。

この回の登場はこのひとつのみだが、東京の事故に巻き込まれた際に負った怪我によって入院している晴明へのクラスメイトからの寄せ書きにて、狸塚のサインのスペルが間違っていることを指摘している文が見られた。
この時判明した富士の字は少し丸めで、女子の字にも捉えられそうな字をしていた。


それぞれの夏休み


5巻40話。

倉橋の話により富士は女子達とCHIMIもうりょう’zのライブに行っていることが判明。小古曽と仲良くなった為だと思われる。


座敷荘回



妖怪の出る宿として度々特集される座敷の実家の民宿を盛り上げるためにみんなで記者とオカルトを一切信じない科学者を化かす回。5巻44話。

柳田に呼ばれて富士も参加。
化かすトップバッターとして雪女らしい着物を着た美しい女将を演じた。どこからみても完璧な女性を演じた富士の発言によって神酒から女性的な仕草を教わっていたことが後に判明する。

化かし終わり別室からモニター越しに怯える記者を見ていた時は男らしい座り方をして着物も大きくはだけており、ディレクターの様子を愉しそうに笑っていた。この時の記者の触れた手が死人のように冷たかった、という発言から雪女である富士の体温はとても低く冷たいということが明らかになった。

その後、怯えつつも興奮する記者に対して学者が全て作り物か脳の錯覚だと言い放った際には愉しそうな様子から一変
「ベラベラと戯言の多い奴め。俺が男とも見破れねーくせに何言ってんだ」
と舌打ちながら言い、苛立ちを顕にしていた。


座敷が晴明に心の内を打ち明けた時はみんなで聞き耳を立てていた。言い出しっぺは佐野だが一番最初に乗っかったのは富士らしい。


小古曽が天邪鬼としての力を発揮した時に様子を見に来ており、晴明と共に小古曽を誉めるが学者達に見つかってしまった晴明がその場を切り抜ける為に人間らしからぬ妖怪じみた動きをした際は小古曽と共に学者達と同じようなひきつった顔で怯えた様に悲鳴をあげていた。


海水浴回


化学テスト時の約束通り佐野を使ってナンパすべくクラスの男子たちと海に来た回。8巻36話。

「流石に水着で女装は出来ん」
と素の姿で登場。

ナンパに失敗した挙句、同じく遊びに来ていたクラスの女子陣にも(富士があっさりナンパしに来たということをバラしたことにより)軽蔑の目を向けられてしまい落ち込む男子陣をみて
「ったくしゃーねえなぁ。じゃあ俺がその辺の子何人か声掛けてきてやるよ。最初からそうすればよかった。」
とだるそうに言った。
その時に髪を切ったのかと尋ねられて
「いつものはエクステ」
と答えてたことによりいつもの女装時のロングヘアはエクステだったとわかり、また
「富士って彼女いたことないって嘘だろ」
という藤平の言葉に倉橋が
「本命は作らない主義なんだと」
と返したことによって富士が本命は作らない主義だということも判明した。


女子陣が男の海坊主と船幽霊に絡まれて困っていた際は前田に乗って颯爽と男たちの動きをとめ、女子陣を救出する姿が見られた。


泥田の宿題回


夏休みの宿題に最終日になっても全く手をつけていなかった泥田が、頑張ってやろうとするも全然やる気になれずに悩む回。8巻50話。



泥田が無意識に開いてしまったSNSに登場。

アカウント名は富士さんで最後に雪だるまの絵文字がついている。
IDは@fuji_3…(後半不明)

全て富士山にかけていると思われる。
アイコンは自撮り。

8/31の5日前の8/26に
【よっしゃ宿題終わった】
とピースサインの絵文字と共に投稿されていることから富士はギリギリまでとはいかなくともゆったりきちんと宿題をやるタイプだと推測できる。


体力測定回


晴明が佐野に本気を出させるために教師でありながら体力測定に参加する回。8巻52話。

「先生よお。そろそろ晴明(あのバカ)注意したらどうなんっスか?」
と気だるげに阿波山先生に尋ねながら登場。
その後の登場はなく、富士の体力測定を見ることは出来なかった。


文化祭回


百鬼学園の文化祭のお話。

9巻56話〜(2020年3月現在既刊9巻の為不明)


出し物決め


「ったく…文化祭の出し物決めるのに何時間かけんだよ」
と呆れながら登場。


そして佐野が突然開始させた晴明から逃げるデスゲームに巻き込まれる。
小古曽と共に逃げるが走ったせいで溶けてしまい心配する小古曽に対して
「冷やしたら元に戻るからとりあえず冷凍庫に入れてくれ」
と富士が言ったことによって富士の溶けた体は冷やせば治るとわかった。

この時に昨年度の文化祭の話になり、富士が白雪姫と七人のマンドラゴラという劇の王子様役を演じたことが明らかになる。

相手の姫役の子が風邪で出られなくなった為、急遽代役として裏方だった小田原が姫役に抜擢されたが頭が提灯の為に口がどこか分からなくてキスが出来ず困っていたら痺れを切らした小田原の方からした為に観客にも
「生き返ってますやん」
とツッコまれてしまった、という話が判明した。

その後さりげなく混ざりこんでいた晴明に怯えつつもなんとか富士が機転を利かせて説得できた為に富士と小古曽は晴明から逃れることができた。


外伝


Pはじこと妖怪学校の生徒はじめました!

狸塚が主人公の本編から1年前のお話。
1巻1話にて。

入学式の最前列にけだるげに座っている。
この時は素の姿でいた為、入学式は流石に女装はしてなかった事がわかる。


2020年3月現在、登場はここひとつのみ。




関連イラスト

"なぁに見てんの?"
カフェ☕️☕️




関連タグ

妖怪学校の先生はじめました! 妖はじ

pixivに投稿された作品 pixivで「富士冬也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 573

コメント