ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ストーリー


『強さ』が絶対的な価値となる、様々な欲望うずまく『大封鎖地』で、最底辺の隷士から這い上がれ――

ベルガラード王国の貧民街出身である主人公『ジェダル・シュヴァルカ』は、傭兵として参加した戦争に敗北したことで敵国の捕虜となり、遠い地の東ゴーティア王国へ売られてしまう。
辿り着いたのは王都『迎撃都市グラセスタ』、地下に広大な迷宮『黒の抗』が眠るサマラ魔族国の亡地で、恒久的に続く魔物との戦いに彩られる “傭兵と奴○の街” であった。

“この国では、魔物を倒す能力を磨けば王にすら成れる”

そんな嘘のような触れ込みを証明するように、迎撃都市グラセスタには、実際に実力で身分の階段をかけ上がった英雄がいる。
現王国である『サロ・グラセスタ27世』は、元は苗字すら持たない奴○であり、幾多の激しい戦闘を経て、ついにその栄誉を勝ち取ったのだと。

――奴○に堕ちても、まだ希望を捨てるべきではない。

ジェダルは、まず奴○から自由民へ上がる為にと迷宮攻略に乗り出す中で、とある貴族の女の子と出会う。
特殊な事情があり、日常を小さな人形のような姿で過ごさなければならない女の子『リリカ・ルシティーネ』は、自分を迷宮の最奥に連れて行ってくれる協力者を探しているという。

貴族の後ろ盾を得れば、奴○の身分であっても幾分か動きやすくなる。
そんな打算もありながら、リリカが放つ身分の差を感じさせない在り方を気に入ってしまう。

利害が噛み合い、リリカ所有の奴○となったジェダルは、共に未開拓な階層を踏破し、迷宮に眠る謎を解き明かし、迎撃都市に潜む闇の勢力と対峙していく。
これは、最下層の身分から始まる『成り上がり』の物語――

キャラクター

古今無双の戦人

ジェダル・シュヴァルカ

CV:谷根千
西方の闇大国であるベルガラード王国軍に雇われていた傭兵。
生まれながらの戦闘種族と称される『ロヴァリ族』の血を引いており、
人並外れた怪力や夜目が利く他、特徴的な文様が身体に刻まれている。
その突出した能力故に幼少期から危険視され、周囲からの迫害を恐れて親すらも離れていった背景を持つ。
ベルガラードの貧民街出身であり、より良く生きる為に金払いの良い傭兵となって隣国であるテルフィオン連邦軍との戦争に参加した。
育った環境では騙し騙されることが日常であったため、基本的に他人を信用せず、目的を果たす為に手段を選ばない傾向も強いが、自身に課した決まり事として「交わした約束は破らない」ことを重視する面もあり、逆に約束を破る相手に対しては容赦のない対応を取る。

天真爛漫な深窓の佳人
リリカ・ルシティーネ
CV:月白まひる
グラセスタ迎撃院、ルシティーネ家の当主。
光陣営の神殿によって設立された大封鎖地を監視する巨大ギルド『東ゴーティア迎撃匠合』に所属する貴族であり、若くして当主となったことで注目を浴びている。
ある特殊な事情により、普段は傀儡人形『魔導操殻』で過ごさねばならず、その原因を探り解決する為、戦闘に向かない自身を守りながら地下迷宮の最奥を共に目指してくれる戦士を探しており、逸脱した強さを持つジェダルに興味を持つ。
普段は穏やかな歌を聞きながらお昼寝をするのが好きなのんびりとした性格。
一番の趣味は散歩だが、極度の方向音痴で必ずといってもいいほど迷子になってしまう。

【魔導操殻】
人の肩に乗れるほどの小さな傀儡人形を模したもう一人のリリカ。
青き月の満月状態以外は肉体から魂が離脱してしまうためにそれを人形に固定してリリカの意思を持ったまま活動することができる。
数百年前に、魂を癒着させて魔導の力を最大限を引き出すことに成功した『魔導巧殻』と呼ばれる失われた技術の一部が利用されており、
思考や魔術、表情が継承できているものの、動力自体は通常ゴーレムと同様に『魔制珠』を借りて稼働するので素早い戦い等には不向きである。

関連記事

親記事

エウシュリー えうしゅりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「封緘のグラセスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1058

コメント