ピクシブ百科事典

御意見無用(ありま猛)

ごいけんむよう

『御意見無用』とは、ありま猛の漫画作品。1981年連載開始。
目次[非表示]

悪いことは本人が一番よく知ってるんだ。バクチ狂の悲哀を描きたいんだ。 ありま・猛

概要

ありま猛のファミリー企画独立直後、最初期の作品。ギャンブル中毒の悲哀を描く。
1981年「月刊スポコミ」6月号より連載開始、第三話から「近代麻雀オリジナル」(9月号~)に移籍。

登場人物のクズ度が連ちゃんパパに勝るとも劣らず、古谷三敏ソックリのほのぼのとした画風で、救いようのない人物たちが淡々と描かれる。
レイプ魔や殺人鬼などの度を越した悪人は出てこないのが救いであるが、作者コメントからも狙って露悪的に描いていたことが窺える。

そのためブーム前の書評で既に「麻雀クズの主人公」「人物のクズっぷりはかなりガチ」と書かれていたほどだが、掲載誌がもともと過激な作品の多い近代麻雀オリジナルのため、さほど違和感はなかった模様。

登場人物

  • 藤木賭(カケル)

主人公、通称「カケちゃん」。いつも涼しい顔でタバコをふかしている麻雀打ち。自他共に認める冷徹な男で、唯一、両親に対する孝心らしきものはあるが、それ以外の人情味はあまり感じられない。父にギャンブル代を貸し渋る実兄夫婦を深夜に脅迫し、涼しい顔で寝室に灯油を撒くシーンは語り草である。

  • 藤木彦六
主人公が生まれる際に男か女かを隣人と賭けたことからカケルと命名した、という筋金入りのギャンブラー。常にバクチに負けて困窮しており、妻の結婚指輪をチンチロ代二千円のために売り飛ばすなど、カケル以上の人格破綻者。

  • 小滝良男
金持ちの息子。親の世話になるのを嫌いながら親のスネをかじり続け、小遣いで賭け麻雀にうつつを抜かすなど、救いようのないドラ息子である。

  • 小滝源五郎
貿易商社オーナーで大地主。戦時下の二等兵時代に命を救われた経験から、彦六を「上等兵殿」と慕っている。息子や社員のギャンブル中毒に悩んでおり、藤木親子に救いを求める。

  • 菊地
小滝の会社「日本商事」の雇われ社長。仕事はできるが家庭を顧みない麻雀狂で、いつも小滝や妻を悩ませている。

  • 平井晶子
竹を割ったような性格の美女。29歳。隠し事のない豪快さゆえに結婚相手が見つからず、菊地の紹介でカケルとお見合いをする。なお第11話にも晶子というモブが登場するが、別人である。

関連タグ

麻雀 ギャンブル 連ちゃんパパ ありま猛

関連記事

親記事

ありま猛 ありまたけし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「御意見無用(ありま猛)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント