ピクシブ百科事典

森で発見!!たまごっち

もりではっけんたまごっち

『森で発見!!たまごっち』とは1998年2月に発売された携帯型「たまごっち」シリーズ第五弾である。
目次[非表示]

概要

地球上の虫のような姿をした新種のたまごっち「むしっち」を飼育するゲーム。今回は通常のたまごっちに近い飼育モード(白いたまごからスタート)と、カブトっちを大きく成長させるモード(水色たまごからスタート)の2モードが用意されている。通常時は森と小さな点が表示され、ボタンを押すと虫眼鏡モードになりむしっちが大きく表示される演出がある。

本体カラーは黄色(つた)、栗色、白(キャラ)、黄色(葉っぱ)の4色。

実はむしっち、さかなっちを飼育する「ゲームで発見!!たまごっち2」(1997年10月17日発売)に続いて発売されており、初代たまごっちや新種発見!!たまごっちが発売後にGBへ移植されたのとは逆の順序になっている。むしっちを飼育するという点では同じだが、一部キャラやシステムが異なる。

通常のたまごっちと異なる点として、ごはんとおかしの区別がない。基本の食事は葉っぱだが、グルメなむしっちに合わせて時間ごとに朝食(さくらんぼ)、昼食(ソフトクリーム)、夕食(ぬけめけの実)が別に用意されており、前者は1g、後者は2g体重が増える。また、成虫っちになると好物が専用メニューとして出ることもある。

むしっちの体重は肥満というより体長を反映するものなので無理に体重は下げなくても良いが、たまごっちと同じくごきげんUPゲームで遊ぶと1g体重が下がる。もちろん、ごきげんUPゲームで手をかけた度合いにより成長の仕方は変化する。

また、むしっちは身体が強く病気をしない。しかし、謎の足跡や天敵のカエル、ケロぴょんっち(さかなっちのケロぴょんっちと同一)に襲われるとケガをしてしまう。本体には「てんしっちのたまごっち」と同じように本体を叩くと反応する機能(音センサー)が搭載されており、天敵に襲われている際に?ボックスのアイコンを選び、本体を叩いて追い払う必要がある。むしっちの機嫌が悪いと襲われやすくなるので注意。

ケガをしている間(ミイラっち)は食事をすることが出来ないため、治療せず放っておくと死んでしまう。また怪我をした状態で再度襲われると高い確率で死んでしまう。

?ボックスのアイコンが登場したため、入れ替わりに「しつけ」の要素はなくなった。

進化

卵→幼虫っち→まゆ→成虫っちという順で成長する。

まゆ状態の間は温度メーターが表示され、温度調節(温めるか冷やすかの二択)を行わなければならない。最高温度か最低温度になると死んでしまう。

むしっちと呼ばれているキャラクター
詳細はむしっちを参照

食事

むしっちの食事には「ごはん」「おかし」の区別はない。 メニューは全部で16種類。 どれも一流シェフが腕によりをかけてつくったステキな一品だ。(シェフの正体はわかっていないらしい。)
むしっちの種類によって出てくるメニューが違う。



白たまご
●お食事共通メニュー
基本食 葉っぱ
朝食 さくらんぼ
昼食 ソフトクリーム
夕食 ぬけめけの実

●各むしっち専用メニュー
てんとっち・コガネっち用 なつめ
みのっち・ちょびタマっち用 どんぐりA
ゲジっち どんぐりB
フンコロガっち うんち
ふたごアリっち 角砂糖
ムシばっち ヘルメっち用 きのこ

水玉たまご
●カブトっちメニュー
キャンディーA キャンディーB キャンディーC プリン すいか

●カブトっちスペシャルメニュー
DXケーキ

関連タグ

むしっち  たまごっち

他言語

Tamagotchi Garden

コメント