ピクシブ百科事典

デビルっち

でびるっち

「デビルっちのたまごっち」とは、1998年9月に発売された携帯型「たまごっち」シリーズ第7弾である。
目次[非表示]

デビルっちのおはなし


死んでしまったたまごっちは、てんしっちに生まれ変わって、てんしっちの都でしあわせにくらす・・・ハズなのですが・・・。どんなワケか、てんしっちになりそこなってしまったたまごっちがひとりいました。それがごぞんじ、イタズラ大好きデビルっちの第1号だったのです!!

大きな灰色雲の上で、ひとりぼっちのデビルっちは、しあわせそうに暮すてんしっちたちを、灰色雲ののぞき穴から見ては、なんとか自分も仲間にしてもらえないかと考えていました。そして、たまたま通りかかったこうもりとガイコっちを手下にして、ある作戦をたてました。

その作戦とは、「てんしっちゆうわく大作戦」!! 手下のこうもりとガイコっちをてんしっちの都に送り込んでは、あの手、この手でてんしっちを誘惑して、デビル界に連れ込んだのです!!デビル界に連れ込まれたてんしっち達は、デビルっちに変えられてしまうという運命なのです・・・(涙)。

こうして次々に仲間を増やしたデビルっちの暮すデビル界は、まさにイタズラ王国。そして今も、灰色雲のすきまから、デビルっちはてんしっちを狙っているのです・・・。

本体の紹介

てんしっちのたまごっち」に登場したデビルっちが
ついにソロデビュー!!

 デビルっちにはこどもやおとなという区別はありません。そのかわりに、デビル界には階層があります。 デビルっちとしての風格を身につけることで階級が上がり、悪の力・デビルンパワーも増していくんだって。いたずら好きな「デビルっち」、食事の「イカスミパイ」をなげ返したり、ゲームをしようとすると寝たふりをしたり....。 今度のお世話はひとすじなわではいかないヨ。デビルンパワーをアップさせないように、マメにお世話して「なかよし度」をあげましょう。楽しい(?)イタズラの他に、イベントも盛りだくさん!! キャラクターと時間帯によって、ダンスをしたり、お酒を飲んだり、山登りをしたりするらしいよ。いたずらも楽しんで、デビルっちと仲良くなろうネ。

概要

悪魔のような姿をしたたまごっち「デビルっち」を飼育するゲームで、人間界の滞在期間中にデビルっちと仲良くなることが目的。デビルっちはもともと携帯型「たまごっち」シリーズ第3弾「てんしっちのたまごっち」において、堕天による育成終了(通常のたまごっちにおける病死)時に登場していたキャラで、今作では主役(?)に抜擢された形である。

本体カラーは白、黒、ピンク、ツートンの4色。

当時、本作を皮切りに「やさしいたまごっち(10月発売)」「サンタクロっちのたまごっち(11月発売)」と3ヶ月連続で携帯型「たまごっち」の新機種が発売されているが、結果的に第一期の携帯型たまごっちシリーズはここで発売が打ち止めになってしまっている。たまごっちブームのピーク時と比べて出荷数が少ないため、本作を含め末期に発売された機種は中古市場において高値で取引されることが多い。

2006年3月7日からバンダイのiモード向けゲームサイト「ケータイで発見!!たまごっち」(月額315円)で移植版を遊ぶことが出来たが、現在は配信を終了している。

基本的な飼育ルールは「てんしっちのたまごっち」に近いが、本体を叩いてコミュニケーションをとる機能はオミットされ、飼育と関係なくゲーム内で起こる見た目に楽しいイベントが増えている。

通常のたまごっちにおける「年齢」は「人間界たいざい日数」、「ごきげん」は「なかよし度」に差し替えられており、「体重」「しつけ」にあたるパラメータはなく、「DP(デビルンパワー)」という全く別のものに置き換わっている。

ごはんはイカスミパイ(おなかが1ポイント回復)、おやつはブラックチョコ(なかよし度が1ポイント回復)。

「てんしっちのたまごっち」ではTP(てんしパワー)という、てんしっちのお祈りに必要なエネルギーのパラメータがあったが、本作のデビルンパワーは性質が異なる。こちらの値は高いほどイタズラ(後述)や呼び出しの回数が増え、100に達するとコウモリになってデビル界へ帰ってしまい育成終了(BAD END)となる。また、この値によってデビルっちの成長が変化する。

デビルンパワーは時間経過によって5ずつ上昇し、なかよしアップゲームで4回失敗する、寝ていない時に電気を消すなど特定の条件で10上昇する。おなか、なかよし度が少ないと時間経過で上昇しやすくなるため、こまめにお世話をすることで上昇を抑えることが可能である。

デビルっち特有の行動として「イタズラ」がある。たまごっちにも「ワガママ」という行動があったが、たまごっちの「おなかやごきげんが減ってないのに呼び出す」という行動に加え、「ごはんを投げ返す」「おやつを食べたふりをする」「チェックメーターを選択できなくする」「ゲームで遊ぼうとすると寝たふりをする」「うんちを流せなくする」など数多くのものが用意されている。

イタズラ時は「かみだのみ」(たまごっちにおける「しつけ」)コマンドを選ぶことでデビルっちが反省し、デビルンパワーが10減少する。また「あくしゅ」というお世話コマンドが用意されており、デビルっちが握手を求めた時にこれを選択するとデビルンパワーが15減少し、なかよし度が減りにくくなる。

デビルっちと呼ばれているキャラクター

通常のたまごっちでは卵からベビーっちが生まれて大きくなっていくが、本作ではコウモリが出現して2分後にデビルっちかズキデビっちが出現して育成がスタートする。デビルっちには大人や子供という区別がなく、デビルっちの風格を身につけることでデビル初級→デビル中級→デビル上級(→デビルハイパー)という順に「昇級」していく。

デビル初級

  • デビルっち

実はデビル界ではまだまだ初級だったデビルっち。 くりてんとは宿命のライバルであるが、なぜかベビーてんやチルドてんが苦手。 趣味のデビルタンゴはプロ級。 また、「星で発見!!たまごっち(なかよしチャンスの失敗時に現れる。)」も登場する。

姿はいかにもデビルっちらしいけど、実は超はずかしがりや。シャイな気持ちを隠すために赤いマスクをかぶっている。 こんな性格なので、てんしっちのゆうわくは苦手だったりするらしい。

デビル中級

ちょっと太めのデビルっちなので、ぷくてんがダイエットを始めたというニュースが気になって仕方がない。 上級デビルも舌をまくほど、マイペースであまえ上手。前世はにゃっち???

中級デビルの中では、最強のデビルンパワーを持つ。 てんしっちの背後を、タメ息をつきながら、まるでおばけのようについてまわるという 世にも恐ろしい方法で、誘惑する。

姿はおやじっち似だが、頭脳めいせきな上に「ピキピキ山」のミネラルウォーターしか飲まない、しかもガーデニングが趣味という意外さが不気味なおやじデビル。 おやじっちやおやじてんしを見ると、あまりの情けなさにイライラするらしい。

デビル上級

うそつきで無責任。そのうそに一番だまされているのは、なぜかデビルっち。 まめっちとは似ても似つかぬ性格で、疲れることが大キライ。デビルまめっちのいい加減さは、上級デビルもあきれるほどらしい。

デビル上級の中でも、最も冷酷な性格で、デビルっちの中でも一目置かれている。気にいらないことがあると、カラスそっくりの声で鳴き叫ぶ。 最近虫歯で、ブラックチョコがしみるせいか、今イチヤル気がでないのが悩みのタネ。

かぶりものが多いデビルっちの中でも、特に個性派。カボチャの中の正体については、 いろんなウワサがあるが、「てんしっちがコスプレしてデビルっちのフリをしている説」がかなり有力。もし本当だったらこれほどオソロシイことはない???

小悪魔っぽい瞳がとってもキュートなデビルっち。この可愛らしさに誘惑されたてんしっちは数知れず。みんなにはヒミツだが、まちがい電子メールがきっかけで出会ったおとのてんと友情を育んでいる。

デビルハイパー

人が嫌がってやらないことを自分から進んでやり、困った人がいれば助けてあげようとする、とても性格のいいデビルっち。ところがてんしっちの誘惑成功率は何故かナンバーワンだという。一体どんな手でてんしっちを誘惑しているのか、考えただけで身の毛がよだつ話である。

ボケ役のブルーノとツッコミ役のピンキーの二人組によるデビル界のお笑いコンビ。芸の力でてんしっちを誘惑する。自らデビルっちになるほどの追っかけファンも多く、てんしっちの都では社会問題になっている。ヒットチャートナンバーワンのデュエットソング「ブラックドリーム 恋はブギウギ」にてんしっちたちはもうメロメロ。

デビル界を牛耳る支配者で、最近父のキングデビルっち1世が引退して王座を譲られたが、まだ若いためデビル界の王になる自信がない。そのためかデビルン城というちゃんとした家があるにも関わらず、ガイコツ岬の灯台で独り星を眺めながら過ごすことが多い。魔力、実力ともにナンバーワンなのだが、そんなことにも虚しさを感じている。

関連イラスト

デビールス
でびかぽ



関連タグ

たまごっち  てんしっち

他言語

Devilgotchi

pixivに投稿された作品 pixivで「デビルっち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 634

コメント