ピクシブ百科事典

椎名亜樹

しいなあき

ねこうめ原作のマンガ・アニメ『すのはら荘管理人さん』の登場人物。
目次[非表示]

概要

背が低いうえ、女の子っぽい容姿のせいで、なかなか男扱いにされない苦労な少年(まぁ、名前自体も女の子っぽく、中の人のせいで声まで女の子っぽくなっている・・・・)。

男らしくなりたいと棚町中学への入学を機に静岡から上京して、すのはら荘へ入寮するが、管理人の彩花をはじめ周りが女子ばかりという状況に多感な時期ということもあって困惑する。
がいる。
ちなみに上京の理由は「都会に出て男を磨く」ためなのだが、都会に出てきても苦労するだけとは誰が言ったか・・・少なくとも彼はそんな幻想を砕かれつつ、周囲の見守りもあって真っ当な方向に成長していきそうなので、『中学生が上京』という字面に不安感を覚えた人は安心してほしい。

人物像

素直、ただただ素直、これに尽きる。素直なためジョークや冗談、からかいを疑いつつも流されてしまい可愛がられてしまう。あるいは素直すぎて初めから何も疑わなかったり(どれくらいかというとサンタクロースの存在をこの歳になっても信じている程)。んで、色々と愛されてしまう。
素直さに救われ、素直さが仇となり、そして素直さで丸く収まる。全ては本当に『素直』。
ハーレム系主人公にしてだいぶ例外的で、しかしハーレム故に諸兄らにはうらやましい限りかもしれないが、実際にこんな素直な子が身近にいれば男から見てもそりゃもうかわいいものである。

学力は(おそらく)平均くらいだが、物覚えが早く、できないこと・やったことがないことにも臆せず体験してみる姿勢は十分男らしい。また色々と力がないことを自覚しているためか発想と技で勝負に出ることも。
が、彼はまだ『結果の良し悪しではない』ことには気づけておらず、経験ではなく結果をみてしまいがち。
あるあるな話だし「後々笑い話にもなるじゃない」とも思うのだが、彼のその『男らしさ』への探求の姿勢はやや極端に感じるところもあり、全ては彼女のせいでもある・・・

一方、小動物やぬいぐるみといった可愛いもの好きなのは素のようで、男子力を少しでも上げたい亜樹はそれを気取られまいとしているが結局空回りしている。

余談

ハーレム系主人公・・・というより、おねショタの可愛がられ役という認識の方が圧倒的に強いため、羨ましいと言われることがそもそも少ない。彼を含めてのすのはら荘であり、かわいいであり、おねショタなのである。
またその手の人にもかなり人気


担当声優:喜多村英梨

関連タグ

ハーレム おねショタ
八坂真尋(這いよれ!ニャル子さん) - カップやきそば現象。中の人も同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「椎名亜樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1167913

コメント