ピクシブ百科事典

次元の魔女・ドロシー

じげんのまじょどろしー

次元の魔女・ドロシーとは、Cygames製作のゲーム『Shadowverse』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

天地を超え、世界を置き去りにする彼女は、ことわりの外に生きる魔女。その手が放つ魔法は、万物を塗り替える。
───フレーバーテキストより抜粋

カードスペック

種類フォロワー
クラスウィッチ
レアリティレジェンド
コスト9
進化前攻撃力:5 体力:5
能力ファンファーレ 手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回スペルブーストする。スペルブースト コスト-1
進化後攻撃力:7 体力:7
能力
CV木戸衣吹
収録セットバハムート降臨 魔導の暴威 星神の伝説

※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出た時に発動する能力。
※スペルブースト…スペル使用時やスペルブーストする能力の使用時に強化される能力。

概要

Cygames製作のスマホカードバトルゲームShadowverseに登場するカードの1つ。
CVは木戸衣吹氏が担当している。

タグとしては「ドロシー」単体で登録されてる場合が多いので、閲覧する場合はShadowverseまたはシャドウバースとのand検索を推奨。

外見

「ま、アタシに任せておきなさいって!」

ドロシー
次元の魔女


(1枚目が進化前、2枚目が進化後のイメージ)
金髪ロングに白のキャミソール状の服、黒っぽいカラーの破けたコートや一つ目の怪物のように装飾が施された三角帽子といった、典型的な魔女の風貌の女性。
進化すると上半身がビキニ状になり肌色が増える。

ゲーム内において

第3弾カードパック「バハムート降臨」で初登場。
ウィッチクラスのレジェンドであり、同弾のレジェンドの中でもトップクラスのカードパワーを有する。

色々目を引く能力があるが、中でも一番の目玉と言えるのが「カードを5枚引く。5回スペルブーストする。」という部分。事前に手札を全て消滅させてしまうデメリットはあるものの、それをいい事になんと5枚もの手札補充に加えてついでのように5回もスペルブーストをする。
スペルブーストとは、スペルという種類のカードを使用するか「スペルブーストする」という能力により手札の「スペルブースト」能力を強化させること。

イザベルさん


この能力により手札補充を行ったうえで、同じくスペルブーストによってコストが大幅に下がる「ゲイザー」や「刃の魔術師」などのフォロワーを大量展開するアグロ(速攻)系デッキ「ドロシーウィッチ」はバハムート降臨環境におけるトップメタとして君臨したのであった。

「みんなまとめて吹っ飛ばすわよ!」

ただし、そんな彼女にも弱点は存在する。
展開力は若干ドロシーに依存してる部分があるため、ドロシーを引けなかった場合早々と息切れして制圧されてしまうことがある。もっとも、順当に動けた場合ドロシーを出すまでもなく殴りきってしまうこともあるが。
また、ドロシーが2枚以上同時に手札に来た場合、基本的にどれか1枚しか出せない(出さない方を容赦なく消滅してしまうため同時に出すということが基本不可能)ため非常にもったいない。
しかしこの問題に関しては、第6弾「星神の伝説」にて「神秘の指輪」という手札のダブり対策カードが登場したことによってある程度解消された。

余談だが、ドロシーウィッチというデッキは「マナリアウィザード・クレイグ」や「神秘の探求者・クラーク」というスペルブーストを行えるフォロワーと合わせて「フォロワーがフォロワーをスペルブーストする」という光景が見られる。“スペル”ブーストとは一体何だったのか…。

その後

【シャドウバース】インペリアルマンモス【神撃のバハムート】


「星神の伝説」環境においては、ドロシーや同じくスペルブーストによって名目上の高いコストが下がるフォロワーである「キマイラ」などと、元のコストが7以上のフォロワーを出すことで「インペリアルマンモス」を呼び出す「凍りづけの巨象」というアミュレットを併用することで爆発力を高めた構築が大型大会で結果を残したことで注目されていた。

第7弾「時空転生」がリリースされると、ドロシーウィッチは再び環境トップの座を手にすることになる。
理由としては、今弾から新たに導入された「ローテーション」の存在が大きい。これは「最新の5つのカードパック」からデッキを構築するという新ルールだが、これによりドロシーウィッチの対策としても有効だった「テミスの神判」や「黙示録」など、強力な全体除去の一部を使用することができなくなった。そのため5~6ターン目に中重量級のスペルブーストフォロワーを大量展開されると、多くのデッキが詰みの状況に陥ってしまうためである。

ドロシーウィッチ


デッキタイプも従来のフォロワーを中心としたタイプから、「星神の伝説」で登場した進化時にスペル・フォロワーを問わずスペルブーストを2回行える「マジックオウル」を有効活用するなどの理由によって、スペルを増やした構築が主流となっている。

次元の魔女ドロシー


そして第8弾「起源の光、終焉の闇」のリリースをもって、ドロシーはとうとう「ローテーション」フォーマットから離脱することとなった。
今後は、全てのカードパックが使用可能である「アンリミテッド」フォーマットにおける活躍に期待がかかる。

次元の超越

ドロシー/次元の超越


ここまでは次元の魔女・ドロシーというカードについて触れてきたが、このキャラクターを語る上で外せないのが「次元の超越」というカードの存在である。

種類スペル
クラスウィッチ
レアリティゴールドレア
コスト(変更前)18
コスト(変更後)20
能力このターンのあと、自分の追加ターンを行う。スペルブースト コスト-1
CV木戸衣吹
収録セットクラシックカードパック 魔術の神髄
20(変更前は18)という膨大なコストを持つがスペルブーストによりコストが-1され唱えた瞬間追加ターンを獲得するという、衝撃的ながらも初期からのプレイヤーには最早お馴染みの存在。
そのカードイラスト(上記参照)に描かれている神々しい姿の女性は、実はドロシー本人の別バージョンである。その証としてドロシーが収録されたバハムート降臨の実装以降、このスペルを唱える際に木戸衣吹氏による新規ボイスが聴けるようになっている。

「さあ!飛ぶわよ!」

私の魔法にひれ伏しなさい!



リーダースキン化

2017年6月16日に開催されたイベント「1st Anniversary 人気カード投票」にて、10枚のウィッチのカードの中にピックアップされた。
その10枚の中で見事1位を獲得し、リーダースキンとしての実装が決定。その後、第6弾カードパック「星神の伝説」でまれに入手できるリーダースキン付きカードとして実装された。


余談だが、リーダースキン入手のカギとなるドロシーのカードは元イラストとは別のものとなっているが、その別イラストのドロシーは従来のものと比べると雰囲気がやや幼いようにも見えるため、そちらは「ロリドロシー」と呼ばれることがあったりする。

「大本命の登場ね!」

ドロシーさん
ロリドロシー



元ネタ

シャドウバースに登場する多くのカードの例に漏れずドロシーも同じCygamesによるゲーム神撃のバハムートが出典元。
イラストは、次元の魔女・ドロシーの場合「プロミスドウィッチ・ドロシー」の1段階目(当記事メインイラスト)と4段階目、次元の超越は「アークウィッチ・ドロシー」の4段階目、リーダースキン付きバージョンは「ディメンションウィッチ・ドロシー」の1段階目と4段階目を使用している。

ゲーム内イベントにも出演しており、魔界の王子に結婚目的で攫われたリザ(エルフの少女・リザ)を奪還するために、リザの親友のユエル(千年妖狐・ユエル)やドロシーと親交があるティターニア(ティターニアの妖精郷)、そして神撃のバハムートの主人公である騎士(プレイヤーの分身)などと共闘を果たした。

そのストーリーにおけるプロフィールでは
好きなもの:尊敬のまなざし
嫌いなもの:規則
天才的な大魔法使い。
魔法以外の才能は破滅的。
とされている。

関連イラスト

アタシに任せておきなさいって!
ドロシー



関連タグ

ShadowverseShadowverseの登場人物一覧) 神撃のバハムート Cygames
魔女

結界と境界を、距離と次元を、呟き一つで超越する。焔が如き緋色の瞳が見据えしは、何者も知らぬ未来の果て。

pixivに投稿された作品 pixivで「次元の魔女・ドロシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 470345

コメント