ピクシブ百科事典

オズの大魔女

おずのだいまじょ

オズの大魔女とは、ゲーム『Shadowverse』に登場するキャラクター(カード)である。
目次[非表示]

虚構をあげる・・・うけとって。

概要

Cygames製作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』に登場するキャラクター。
「ワンダーランド・ドリームズ」という世界各国の童話などをモチーフにしたカードが多数収録されたカードパックにて初登場したカード。このカードの場合、有名な児童文学作品「オズの魔法使い」の登場人物から名前が取られていると思われる。
CVはM・A・O氏が担当している。

カードイラストの元ネタは、同社製作のゲーム神撃のバハムートに登場する同名のカード。そちらはカードのバージョンによってはフードの形状が猫耳だったりうさぎ耳する。

カードスペック

種類フォロワー
クラスウィッチ
レアリティレジェンド
コスト5
進化前攻撃力:4 体力:5
能力ファンファーレ カードを自分の手札が5枚になるまで引く。スペルブーストを持たない自分の手札のスペルすべてのコストを1にする。 ラストワード 次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。
進化後攻撃力:6 体力:7
能力ラストワード 次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。
CVM・A・O
収録セットワンダーランド・ドリームズ 虚構の魔術

※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※スペルブースト…スペル使用時やスペルブーストする能力使用時に強化される能力。
※ラストワード…場から破壊されたときに発動する能力。

ゲーム内での活躍

虚構をあげる。受け取って?


5コストで4/5(進化後6/7)という標準的なステータスのウィッチ・フォロワー。ファンファーレで自分の手札が5枚になるまでカードを引き、スペルブーストを持たない自分の手札のスペルすべてのコストを1にするという能力を持つ。スペルブースト能力さえ付いていなければ、どんなに大きいコストを持つスペルでもコスト1にしてプレイすることができるという、極めて派手な効果である。

一方デメリットとして、破壊されて退場した場合、次の自分のターン開始時に自分のスペルをすべて消滅させてしまう。つまり、オズをプレイした際はできる限り多くのスペルをプレイする必要があり、使い切れなかった分は消滅されるリスクを抱えてしまうというデザインになっている。
また、スペルブースト能力を持つスペルはコストを1にすることができない。そんなことができた日には、プレイした瞬間追加ターンが確定する「次元の超越」のコストを簡単に踏み倒すことができるため当たり前の話ではあるが。


この派手ながらもリスクの大きい魔女を主にどのデッキで使用するかと言うと、答えは秘術ウィッチである。

オズの大魔女


秘術ウィッチの場合、デッキのカードは主に土の印・アミュレットと土の秘術能力を持つフォロワーで占められているため、デッキ内のスペルの比率を少なくすることができる。これによりラストワードのデメリットを抑えることで「強力なスペルのコスト踏み倒し」と「手札補充」の両方のメリットを実現させることが可能。
また、「幻惑の奇術師」「天輪のゴーレム」、同時期に収録された「偉大なる魔術師・レヴィ」などの存在により、秘術ウィッチはアグロ寄りの構成で組むのが強力になったため、オズの大魔女を投入することでアグロデッキでは悩まされがちな「手札不足」を「カードを自分の手札が5枚になるまで引く」能力によって補えるという点も、相性が極めて良い。

オズなどの登場によって一気に強化された秘術ウィッチは、常に環境の一定のポジションに存在する、プレイヤー達は意識せざるを得ない強力なデッキとなっていた。

しかし第10弾「十禍絶傑」のリリースをもって、第5弾出身であるオズは「ローテーション」フォーマットでは使用不可能となってしまった。今後は「アンリミテッド」フォーマットでの活躍に期待がかかる。
アンリミテッドでは全てのカードパックが使用可能であるため、今後の追加カード次第では強力なコンボが生み出されるかもしれない。

コンボ

オズの大魔女は、その特異な能力により様々なコンボを生み出すことが可能である。
ここではその一例を紹介する。

  • 「魔海の女王」の能力により「サタン」とオズのコストを0にし、次のターン「サタン」からのオズのプレイで「アスタロトの宣告」と「ディースの裁き」を引き、それぞれをプレイするOTK(ワンターンキル)コンボ。
しかしこのコンボは、2018年3月29日実施のカード能力調整により実現はほぼ不可能となってしまった。

  • オズをプレイした直後に「冬の女王の気まぐれ」をプレイしオズを「スノーマン」に変身させることで、ラストワードによるデメリットを帳消しにするコンボ。

Snowman of OZ


「冬の女王の気まぐれ」の他には、フォロワー1体を「堕天使」に変身させる「堕天」や、条件を満たすことでオズを手札へ戻せる「眠りの魔術」を用いることでもデメリットを回避させることができる。

  • 序盤中盤を耐えて終盤にオズをプレイし、とにかくスペルを連打するコンボデッキ。
スペルを使い切れず消滅させたとしても、オズからオズを引いていれば再び連打させることができる。デッキ内のウィッチ・フォロワーをオズのみに絞れば「コールチェイン」により確定サーチが可能。

OZ



リーダースキン

2018年5月30日に開催されたイベント「2nd Anniversary 人気カード投票」にて、10枚のウィッチのカードの一つとしてノミネートされた。
その中の投票で見事1位を獲得し、リーダースキンとしての実装が決定した。

関連項目

ShadowverseShadowverseの登場人物一覧) 神撃のバハムート

次元の魔女・ドロシー
同じく「オズの魔法使い」の登場人物の名前が使われてるウィッチのフォロワー。
シャドウバースでの関連性は不明。

オズ×ドロシー

pixivに投稿された作品 pixivで「オズの大魔女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74280

コメント