ピクシブ百科事典

江雪左文字(天華百剣)

こうせつさもんじ

左文字作の日本刀。また、それをモチーフとしたスマホアクションゲーム「天華百剣-斬-」に登場するキャラクター。本稿では後者を扱う
目次[非表示]


他作品にも同名の人物が存在する関係上、天華百剣はこちらのタグを使う事を推奨する。


概要

電撃G's magazine発の刀剣美少女プロジェクト「天華百剣」及び、そのスマホアクションゲーム版「天華百剣-斬-」に登場する巫剣の一人。

「私は江雪左文字。雪と、そう呼んでもらってかまわない」
「決めたら、約束は必ず守り通す。……あなたを守る」

プロフィール

出演作品天華百剣 天華百剣-斬-
刀派左文字派
好きなもの金平糖
苦手なもの
CV佐藤亜美菜
イラストレーターsho


容姿

センシティブな作品


水色のロングヘアを特殊なサイドテールにまとめた髪型で白を基調にしたへそ出し、ショートパンツの和装を着ている。
頭には青いリボンと幾つもの花飾りをつけ、腰には太い紫色の注連縄が巻かれている。

標準衣装の他にもゲーム内では複数の衣装が実装されておりミニスカメイドの給仕服、サンタクロースのコスプレ、水着、アイドルの衣装と立ち絵のレパートリーが最も多い。

か
江雪左文字


センシティブな作品
刀身をやさしくタップ♡



人物

「常に冷静で、感情を表に出さない性格。
一方で鋭く的確な意見を出したり、自ら先陣を切るなど行動的な一面もある。
冷たい雰囲気をまとい、淡々とした口調で愛嬌がなく、昔は仲間からの印象が良くなかった。
だが、本当は感情表現が苦手なだけで心優しく、褒められたり好物を食べているときなどには、少女らしい顔を見せることも。」(巫剣名物帳より引用)

「弱気で自信が無いキャラとして生まれた江雪。そこには、左文字の姉妹刀が短刀ばかりで、太刀の自分が浮いていると言うコンプレックスが背景にある」(電撃G'smagazine2018年3月号・天画百剣より引用)

天華百剣に登場する巫剣の中でも屈指の口数が少ないキャラクター。親愛度が低い状態では主人公に対する態度も冷たい。
実態は「感情表現の方法を知らない」と言うものであり、喜怒哀楽の基本的な感情も具体的にどう言ったものなのか認識していない状態。
その為、自分から意識して感情を発露することも出来ず、結果的に以前の仲間からは「無愛想で愛嬌の無い女」と思われていた。日光一文字のストーリーでは北条時代の彼女は「今ほどにわかりやすくはないが笑っているように見えた」と語られており、作中での描写が「わかりやすい」と評される程に無機質なものであったことが伺える。
また、長い間他人から遠ざけられていたからか自分に自信がなく、物事をネガティブに考えがち。給仕服衣装ストーリーでは隊長の「(露出が多く可愛らしいから)目のやり場に困る」と言う言葉を「(見るに堪えないから)目のやり場に困る」と受け取り、自らその場を去ろうとしている。

しかし、隊長との出会いやめいじ館の巫剣達との交流によってその内面は少しずつ変化してきている。
2017年6月に追加された給仕服衣装ストーリーでは隊長に服装を褒められたことで心が昂ぶり、どう応対すれば良いかわからず「抜き身の刀を向ける」と言う行動に出ている。
明確な「照れ」の描写はこの時が初めてであり、個別ストーリー後の感情が芽生え始めた状態で手探りながらも感情を表現している。

同年8月に開催されたストーリーイベント「冷光のあとさき」ではいつも気にかけてくれる蛍丸国俊に対しての感情がよくわからないながらも恩返しをするために奔走する姿が描かれる。
途中、些細なことから蛍丸とすれ違ってしまうも周囲からの後押しによって無事、蛍丸に感謝の気持ちを伝えることを達成。最後には自分の抱いている感情が「嬉しい」であることを蛍丸と共に確認しあっている。
なお本イベントでの江雪左文字の最後のセリフ「蛍丸、ホタルの光、綺麗だね」は五七五になっている。

2018年7月に追加された水着衣装ストーリーでは水着姿を恥ずかしいのか?と聞かれ「少し……」と答えつつも隊長に密着し「今なら誰も見ていないから」と言いながら隊長に迫るなどそれまでよりも積極的な姿を見せる。
同時実装された海]verのストーリーでも隊長に特別と言われ照れる、約束を守ることを念押しする、小島まで渡って邪魔されない空間を作るなど隊長に対する積極性が増してきている。
また自分の描かれた絵が美しいと評判なことに対して「美しいのは、描かれたのが私だから」と発言するなど内気な性格にも変化が生じている。
隊長との出会いで内面に変化が生じているが、隊長と海に来て胸がドキドキすることが一体何なのかはまだ理解出来ていない様子(キャラクターソングアルバム「百華繚乱」アナザージャケットキャラクター解説より参照)

そして2020年2月14日。江雪左文字からのメッセージカードがバレンタイン当日に届くと言う劇的な演出を伴って封を切られた。
初めて感じる恋愛感情、自分にとって隊長が特別なこと、隊長の巫剣になれたことへの感謝などを綴り実装初期からは考えられない程に感情を発露させている。
詳細は「江雪左文字があなたに贈るバレンタインセット」を参照。なお2020年5月9日現在電撃屋Verは予約終了しておりAmazonVerのみ取り扱い中。

このように天華百剣─斬─の開始から三年間を経てかなり大幅な成長を遂げているキャラクターであり、出番がある度に隊長への感情が肥大化している隊長ガチ恋勢の巫剣でもある。
天華百剣のストーリー自体が「成長」のテーマを多分に含んだものであるために「感情を持たない人形のような人格から恋する乙女への変貌」はこの作品の雰囲気を如実に表す展開とも言える。

ちなみにキャラクターソング企画の一環として左文字の姉妹と共に「SAMONJI」としてアイドル活動をしている。銘治とは一体。成長とは一体。

能力

その名の通り雪を操る能力を持つ。しかし、能力の範囲は雪に限らず水分を凍結させること、それに伴う気温の低下など〝凍結〟と言う現象その物に及ぶ様子。
巫剣観察記では共に雪だるまを作っていた幼女そっくりの雪像を一声で作り、ついでにそれを物陰から監視していた観察員の足元を凍結させる。天華百剣─彩─では自身より二回り以上巨大な隊長の雪像を作り、それを動かして禍憑と戦闘する場面が見られる。水着衣装シナリオでは海水浴場に出没した大量のクラゲを処理する為に海そのものをクラゲごと凍結させるなど、能力の効果範囲も極めて広いものと推測される。

ゲーム内性能

レアリティはUR。義属性の標準(長踏込)タイプ。サービス開始当初から実装されているURキャラ。
敵に向かって自動的に踏み込む通常攻撃を持ち、相手の攻撃範囲外から距離を詰めつつ攻撃出来る。金棒型泥鎧などの対策にも有効。踏み込みが長い代わりに攻撃倍率がやや低く設定されており、極開花をしない内はやや火力不足が否めない。
極開花後は刀装の攻撃力増加、通常攻撃の初動速度、通常攻撃の範囲(奥行き)により高威力の通常攻撃を疾風並の速度で薙払並の範囲にばら撒く存在と化す。標準タイプ特有の極開花による大幅ステータス上昇とスタンダードな操作性が相まって「使いやすくて強い」を実現している巫剣の一人と言える。
共鳴刀装の実装により蠱惑樹系の敵に対して通常攻撃威力が倍増する特性も獲得。義属性の攻撃刀装を十分な数用意すると共に極開花を十分施すことが出来ればダメージキャップすれすれの8000ダメージを連続で叩き出すことも可能となる。
得意技は「氷ノ護リ」属性は氷。
自身の周囲に一定時間旋回する氷塊を召喚する技であり、近づいた敵にダメージを与える。
本体の当たり判定よりも外側に出現する為、雑魚敵を近寄らせず、特にこちらへ飛びかかり攻撃をしてくる稚児系の敵には有効。
奥義は「凍縛ノ祝福」属性は氷。
エリア全体の敵に対して一度に攻撃を行う全体奥義であり、一部の敵(大型ボスなど)を除いた殆どの敵に短時間の行動不能効果を与える。
全体奥義なだけあってとりあえず使ってもそれなりの効果を発揮するが、初期URのため威力は控えめ。特に雑魚の体力が高くなる獄級任務では他の範囲攻撃手段も用意した方が良いだろう。
リーダースキルは「息吹ノ心得」。味方全体の体力を割合で上昇させる。

特別ver海・江雪左文字

2018年7月19日に実装された期間限定特別衣装ver。お洒落な水着に着替えた江雪左文字は戦場でも一風変わった剣術を見せるようになった。
レアリティはUR。智属性の疾風タイプ。踏み込みが他の疾風タイプより長く、通常verの性能を踏襲していると思われる。
極開花によって最大剣技が136まで増加し、更に踏み込み距離も伸びることで通常verと同等の攻撃距離を手にする。剣技値からもわかる通り剣技ノ面や耳輪によって剣技補正をかけて戦う剣技型巫剣である。
得意技は「渚ノ遊戯」属性は水。
水属性のバレーボールを召喚し、前方にアタックを仕掛ける。
やや使い方が難しい技だが、当たり判定が常に存在しており上空にいる敵にもヒットする。着弾時の攻撃範囲も広いため、見た目に反して性能は高い。
奥義は「常夏ノ人魚」属性は水。
エリア全体の敵に対して多段ヒットする攻撃を行う全体奥義。
倍率が高く、疾風タイプ特有のクリティカルを出しやすい特性と合わせて非常に高い威力を発揮する。
リーダースキルは「技威ノ心得」。味方全体の装備技の威力を上昇させる。

キャラクターソング

「夏色紋様」
作詞:磯谷佳江
作曲:小野貴光
編曲:玉木千尋
https://youtu.be/mVRVn0gDMB4

「刀身をやさしくタップ♡」
作詞:やしきん
作曲・編曲:田中秀和(MONACA)
https://youtu.be/jo27VOWKOI4

「GO-MA-N-E-TSU」
作詞:辻純更
作曲・編曲:田中秀和(MONACA)
https://youtu.be/QM32JYFlPMY

余談

・2017年3月12日開催「電撃感謝祭2017」における人気投票発表
・2017年8月28日公開「ざんなま第参回」におけるTwitter愛刀投票結果発表
・2017年11月6日公開「ざんなま第伍回」における第二回人気投票発表
・2018年8月28日公開「ざんなま第十四回」における第三回人気投票発表
上記において全て一位を獲得している。

上記の結果を受け、2019年5月21日をもって「殿堂入り」となり人気投票不参加になった

・2020年4月26日公開「プロデューサーレター(生放送版)」におけるキャラクターソング人気投票結果発表において「夏色紋様」が10位、「刀身をやさしくタップ♡」が1位を獲得。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

天華百剣 江雪左文字

関連記事

親記事

巫剣 みつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「江雪左文字(天華百剣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272041

コメント