ピクシブ百科事典

浦上天主堂

うらかみてんしゅどう

浦上天主堂は長崎市にあるカトリック教会。正式名称は「カトリック浦上教会」
目次[非表示]

概要

長崎県長崎市本尾町にあるカトリック教会カトリック長崎大司教区の現在の司教座聖堂(カテドラル)であり、建物の大きさ、信徒数ともに日本最大規模のカトリック教会である。
正式名称は「カトリック浦上教会」であるが、旧称である「浦上天主堂」で一般的には知られている。

歴史

もともと、浦上天主堂のある浦上地区はキリスト教伝来以来信徒の多いところであり、江戸時代禁教時代にも多くの潜伏キリシタンが信仰を守り続けていたところである。
明治維新後の禁教解除後の1980年に現在地に教会を建設、1914年に当時日本最大規模の聖堂が完成した。
1945年8月の長崎への原爆投下においては、爆心地から至近距離にあったことから建物は全壊、合わせて周辺の信徒たちの多くも犠牲となった。その後、被爆遺構としての保存の動きもあったが、信徒たちが現在地での教会再建を強く要望し、代替地への移転再建を拒否したこともあって、1959年に現在の建物が再建された。なお、それまで残されていた外壁廃墟の一部は爆心地公園に移設されており、また敷地内には被爆によって吹き飛ばされた鐘楼の一部がそのまま保存されている。

アクセス

長崎県営バス長崎バス 浦上天主堂前下車

pixivに投稿された作品 pixivで「浦上天主堂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント