ピクシブ百科事典

湯神裕二

ゆがみゆうじ

漫画『湯神くんには友達がいない』の「湯神くん」その人。友達がいない。

「俺にはしがらみがないからね! その分真実が見えるのさ!!」
CV:内山昂輝(サンデーCM劇場およびドラマCD)

概要

上星高校2年A組。10月17日生まれ。AB型。176cm / 65kg
「友達は必要ない」と言って憚らない偏屈男子。
基本的に真面目で一生懸命、努力家でオブラート知らずの正直者。成績優秀、野球部ではキャプテンを務めるエースピッチャーと、傍から見ればハイスペックな男子高生。それらの美点をもってしても周囲にマイナス評価をもらうほどに自分ルールを徹底し、迷惑を被ったクラスメイトや野球部の部員からは大抵こき下ろされている。

非常に我が強く協調性もないので、学校では大抵一人。というのも小学生の頃から一人遊びを考案しては一人で面白がっているようなやつだった。図太く頑固で空気など読まず、鉄の心でどこまでも我が道を突き進む。思ったことは黙っていられず、相手が教師でも先輩でも女子でも余計な一言を付け加え、回避できるはずのトラブルに(本人はよかれと思って)突っ込んでいく節がある。許せない相手には歳の離れた相手だろうと食ってかかる性格も今に始まったことではない。
綿密にスケジュールを組んで行動し、予定通りにいかないなどのイライラに直面すると貧乏ゆすりを始める一方、機嫌がよい時は目に見えてうきうきしており、わかりやすいといえばわかりやすい。
安易に他者を信頼せず、傍若無人なくせに妙なタイミングで仏心を出すため、人の世話を焼くことも。それでいて「上下関係が発生する」という理由で貸し借りも嫌っており、やむを得ず作った借りは、断られようとも返そうとする。
人を見る目は確かだが、その観察眼も物事に批判的な思考回路を形成する一因になったのかもしれない。
落語家・平楽のファンで、落語に関しては一家言もつ。平楽の弟子である平太郎が来校したことに感化されたのか、文化祭ではとうとう独りで舞台に立つという無謀な行動に……。

林山に誘われて少年野球を始め、林山が病欠の間に図太さを買われて彼から投手の座を奪っていった。上星野球部では左投手を務めており、部のエースにして最大の厄介者であるため非常に扱いにくく、マネージャーの久住や上級生たちの怒りを買うこともしばしば。
少年野球時代から縁のある門田が入部してからは彼とバッテリーを組み、部活でもプライベートでもいいように使い走りにしている。
3年生の引退に伴い、本人も望まぬままキャプテンに就任。効率的な野球部統制のために人知れず新システムを構築し、久住に実権を奪われた。

転入初日に違反駐輪を前にして途方に暮れていたちひろの前で、堂々と違反自転車を引きずり出して場所を開けるマイペースぶりを披露。その流儀を真に受けたちひろが面倒事に巻き込まれた際には、「やられっぱなしなんて嫌だ」と徹底的に反抗し、結果的に彼女を助ける。
教室で隣の席になったちひろを面と向かって好き放題に批評する一方で、その後も成り行き上、何度か手を差し伸べ、同時にいろいろと迷惑を掛けてもいる。
押し付けられた猛犬をきっちり躾けて飼い主に返したり、雨に降られたちひろの代わりに傘を買いに行ってやったり、クラスから浮きがちな彼女に何かと改善策を提案したりと根は優しいのだが、その行ないで得られたはずの好印象を自らの手で台無しにしていく。
行動パターンが亡き祖父にそっくりらしく、家族の間では隔世遺伝説が決定的。

pixivに投稿された作品 pixivで「湯神裕二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12812

コメント