ピクシブ百科事典

炎帝(ブランキ)

ぶらんきえんてい

アニメ「ブブキ・ブランキ」に登場するブランキのうちの一体。(メイン画像奥)
目次[非表示]

概容

万流家が代々心臓を受け継いできたブランキ。全身から溢れ出すリンズが炎のように見えることから、炎帝と呼ばれる。
24年前、汀の操る王舞との戦いで四肢を失い、頭部と胴体のみの姿となっていたが、宝島の落下の際にデモクラティアに回収されており、手足を他のブブキ(討伐されたデラシネから採取したものなのか、ブブキ使いから奪ったものなのかは不明)で代用することで修復されている。
また、デモクラティアにより解析された結果、頭部の脳に辺る器官が他のブランキと違い、活動状態であることが判明した。(この時に頭蓋内部に人の様な影が確認されたが……?)

以下、ネタバレを含みます










実は炎帝の本来の心臓は24年前の戦いで汀により破壊されており、以降礼央子自身を心臓とすることで稼働しており、礼央子は自身が心臓となった影響で不死の体を得ていたことが一期終盤で明らかとなった。(万流礼央子」の記事も参照されたし)
人間である礼央子を心臓とした炎帝は、16年前に汀によって宝島から世界中に向けて発信された「人間と契約した全てのブランキ」の心臓を止める信号の影響を受けず、デラシネの心臓が各国のブブキ使いの手に渡るまで、地上で唯一人が操ることができるブランキとなっていた。その結果、ブランキの力を失った世界各国からの畏怖と憎悪が礼央子へ向けられる事となってしまった。
また、その特異な再生能力がデウス・マグナの分離していた頭部と首から下とを繋ぐプラグとして機能することが、絶美がデモクラティア本部から持ち帰ったデータより判明した。

各形態

  • 不完全態

頭部と胴体だけとなっていた時の姿。完全態の肩装甲に当たる部分を義手兼近接武器として使っている。第二話で復活したばかりの王舞を圧倒し、一度は戦闘不能に追い込むが、第七話でのデラシネとの戦闘では王舞の手足を代用品として完全態になるまでは僅かながら劣勢だった。

  • 完全態
手足を取り戻した、炎帝の本来の姿。デラシネを瞬殺する、同じく完全態となった王舞と互角等、不完全態をはるかに凌ぐ力を持つ。一期では東チームやロシアチーム等、他のブブキ使いから一時的に手足を奪うことでこの姿になっていたが、二期では前述したように手足が復元された為、主にこちらの姿で登場する。また、薫子が黒い心臓のブブキを使って操従した際には、ボディが黒く変色し、赤がアクセントで加わる等、薫子のイメージカラーが反映されていた。
東と礼央子の思いが一つとなり誕生した、奇跡のブランキ(この姿が王舞と炎帝の本来の姿なのか、強化形態に当たるのかは不明)。炎帝王舞という名称は静流が命名した。ギーに操られ、メガララ、バトロフの二体を戦闘不能に追い込んだ覚醒テュロクを終始圧倒した。

余談

小松田監督曰く、モチーフはゲッター1とゲッタードラゴンとのこと。

関連タグ

ブブキ・ブランキ ブランキ
万流礼央子 的場井周作 新走宗也 石蕗秋人 間絶美

ゲッター1/真ゲッター1/ゲッタードラゴン…モチーフ
ガンダムバルバトス…本来の姿を失っている、他の機体から装備を奪って自身を強化する等、一部共通点がある。
リュウテイオー「王」の名を冠する1号ロボと合体した、「帝」の名を冠する2号ロボ。





以下、更なるネタバレを含みます

























CV:柚木涼香


実は、過去に王舞と交戦した時点で既に脳は朽ち果てており、過去の汀が心臓を潰しても礼央子は不老不死にはならなかった。しかし、精神体となったが先導者として現れた王舞の魂に導かれ、過去の世界に飛び、頭蓋に入り炎帝と一体化したことにより礼央子は不死の肉体を手に入れた。その後汀は今日まで礼央子を見守っていた。

ギーとの戦いが終わった後、地球以外の星に降り立った他のブランキ達の命を繋ぐべく、汀=炎帝は礼央子に東と薫子を託し、デウス・マグナの頭部と共に宇宙へと旅立って行った。

コメント