ピクシブ百科事典

照菫

てるすみ

「咲-Saki-」におけるカップリングの1種。
目次[非表示]

概要

宮永照弘世菫白糸台高校3年生コンビ。
日本最強の高校の看板を背負って立つこの二人。出番が遅かっただけに未だに全容が不明な感がある分、ミステリアスな雰囲気を秘めているとも言える。

上記の通り同級生だが、4月生まれの菫と2月生まれの照で、誕生日は一年近く開きがある。

外見は、宮永照は160センチ標準体型(ややおもち少なし)であるが
弘世菫は176センチにも及ぶ咲の女子高生では4番目の長身を誇る。
その差はなんと16センチ。見た目も絵になる組み合わせである。

タグに関して
「菫照」と表記ゆれが生じているが大きな違いは無いと思われる。

シーンを含んだ掘り下げ

原作13巻、阿知賀編6巻までの内容を含む。

阿知賀編での栄えある初登場の場面、記者会見のシーンでは
菫が、様子のおかしい照を気にし、
「照?」と声をかけるも、「…ん」と軽い返事だけをする照の反応など、
初回から中々ツーカーな印象を感じとることもできる。

上記の記者会見後、完璧な営業スマイルと明るい声で会見を乗り切った宮永照に
弘世菫は、「普段と違いすぎる」等と評したり
日ごろより宮永照を良く知っていると思われるセリフを零す。

一方宮永照側といえば、準決勝で能力が上手く使えず翻弄される菫を気にかける宮永照が描かれたり、
「癖が見抜かれている」とすぐに気が付いたり、
ここでもやはり言葉は少ないとはいえ、常勝白糸台の部長そしてエースとして、お互いそれなりの結びつきはあるのではないかと感じさせる。


アニメ一期の照菫

20話
前述の「弘世菫は宮永照を良く知っている」という可能性における根拠のひとつとして、アニメ一期での菫は照に妹がいることを知っており、控え室でそうカマをかける描写があるのだが、
これはアニメオリジナルの展開であり、今後の原作的ではどう処理されるかがまだ分っておらず、二人の関係は今なお謎に包まれている。

アニメ一期での宮永照は、険悪ともクールとも取れる雰囲気
(「とにもかくにもおかしがないと…」とか言いそうな口をしていない。)で描かれており、阿知賀編以降の描写と少々異なるため、その点をどう捉えるかで意見が別れたりする。(「殺伐白糸台」等と呼ばれることがある)



以下、蛇足や憶測

二人の、麻雀での実力差などは直接的には描かれていないものの
阿智賀編OP1の白糸台のシーン、菫が崖の上に佇む照を見上げる場面になんともいえない距離が描かれている所も、一期龍門渕のオマージュとはいえ注目できるポイントかもしれない。

太陽を感じさせる「照」、小さな花である「菫」という名前も中々想像力を書きたてる取り合わせである。
(余談だが、照の誕生日である2月18日の後の日、2月19日の誕生花に「スミレ」を置くこともあるようだ。単なる偶然なのか。)

あと会議中の置いてあるカップが近い。そのうち間違えるんじゃないか。
(胸のカップはどう見ても近くない。)

関連タグ

咲-Saki- 阿知賀編 白糸台高校 百合 照咲

pixivに投稿された作品 pixivで「照菫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1066660

コメント